オフィスプリンター・複合機を選ぶときの比較ポイント6つ|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

[東証一部]上場企業:スターティア株式会社

スピード見積もり依頼

コピホーダイ フリーダイヤル:0120150924

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

オフィスプリンター・複合機の比較ポイント6つ

> > オフィスプリンター・複合機の比較ポイント6つ

オフィスプリンター・複合機を選ぶときの比較ポイント6つ

オフィスプリンターや複合機を選定する際は、必ず比較すべきポイントがあります。オフィスプリンターや複合機が搭載している機能や印刷方式をしっかり確認して、無駄のないベストな選択をしましょう。

今回は、オフィスプリンター・複合機を選ぶときの比較ポイントを6つご紹介します。

オフィスプリンター・複合機を選ぶときの比較ポイント

【1】搭載機能の種類

【1】搭載機能の種類

印刷機能だけを備えている装置をプリンターと呼び、印刷機能に加えてスキャナー機能やファクシミリ機能も装備している装置を複合機と呼びます。
オフィスにおける利用目的をしっかり考え、プリンターと複合機のどちらを導入するか決定してください。印刷機能以外を使用しない場合は、プリンターを選びましょう。

【2】印刷速度

単純に考えて、印刷速度は速いに越したことはありません。しかし、印刷速度が速いほど装置の価格も高くなる傾向があります。そのため、月間印刷枚数が多い企業は印刷速度の速い機種を、少ない企業は印刷速度の遅い機種を選ぶケースが一般的です。
印刷速度は、印刷方式によっても変わります。基本的には、レーザー方式の方がインクジェット方式よりも早く印刷できます。最近ではレーザー方式に近い速度で印刷ができるインクジェット方式のプリンターもありますが、カラー印刷などではやはり速度が遅くなる場合が多いため、注意してください。

【3】カートリッジの消費速度

【3】カートリッジの消費速度

レーザー方式とインクジェット方式の機種では、インクカートリッジの消費速度が異なります。一般的に、インクジェット方式よりもレーザー方式の方が、1カートリッジ当たり多くの量を印刷できます。
また、インクジェット方式のプリンターはモノクロ印刷の際にカラーインクを消費する点にも注意が必要です。モノクロ印刷を行う頻度が高い場合は、レーザー方式のプリンターの方がカートリッジのコストを削減できるでしょう。

【4】スキャナー機能

スキャナー機能を備えた複合機を購入する際は、スキャン速度を確認しましょう。月間読み取り枚数とのバランスを考え、ちょうど良い速度の機種を選んでください。
また、読み取り可能なサイズにも注意が必要です。レーザー複合機はA4機とA3機の価格差が非常に大きいため、A3サイズを読み取る頻度が少ない場合は、単機能のA4機とA3スキャナーを別々に購入することをおすすめします。

【5】記録技術の比較

レーザー方式の方が、インクジェット方式よりも耐水性の高い印刷物を出力できます。そのため、請求書や納品書など相手先に提出する出力物が多い場合は、レーザー方式を選択すべきかもしれません。
最近はインクジェット方式も印刷物の耐水性が高まってきていますが、やはり基本的にはまだレーザー方式の耐水性の方が上です。万が一の水濡れ事故に備えたい場合は、レーザー方式をおすすめします。

【6】ランニングコスト

オフィスプリンターや複合機は購入することの他に、レンタル契約やリース契約で使用することができます。ランニングコストを考える際に、注意すべき点は契約の形態です。契約の形態としては、「カウント契約」や「スポット契約」があり、どちらを選ぶかによってランニングコストの計算方法が異なります。
カウンター契約では印刷した用紙の枚数によって、スポット契約ではトナー使用量によって、ランニングコストが変わります。トナー使用量が多いデータを印刷することが多い場合はカウンター契約、少ない場合はスポット契約が良いでしょう。

おわりに

オフィスプリンターや複合機を比較する際は、一つ一つ確実に比較ポイントを確認し、適切な判断を行いましょう。使用目的をしっかり把握した上で、それぞれのオフィスプリンター・複合機の性能データをよく見て比較を行なってください。
オフィスプリンター・複合機は、これから長い間使用し続ける可能性が高い機械です。さまざまな製品を見比べ、後悔のない選択をしましょう。

お客様から支持されるのには理由があります

コピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
オフィスプリンター・複合機を選ぶときの比較ポイント6つ|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!