コピー機・複合機のリース契約種類と内容について|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

[東証一部]上場企業:スターティア株式会社

スピード見積もり依頼

コピホーダイ フリーダイヤル:0120150924

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

コピー機・複合機のリース契約種類と内容について

> > コピー機・複合機のリース契約種類と内容について

コピー機・複合機のリース契約種類と内容について

コピー機・複合機のリース契約種類と内容について

リース契約といえば、契約期間中は定額のリース料金を支払い続け、期間満了後にリース機器をリース会社に返却するパターンが一般的です。しかし、実はその他にもさまざまな種類のリース契約があります。ここでは、コピー機と複合機のリース契約の種類をご紹介します。

一般的なリース契約

一般的なリース契約

最も多く利用されているリース契約は、「ファイナンシャルリース」「オペレーティングリース」です。
この2種類の契約方法は、ほとんどのリース会社で取り扱われています。


ファイナンシャルリース

ファイナンシャルリースは、契約満了後の物件所有権によって、2種類の契約があります。

・ 所有権移転外ファイナンシャルリース

リース契約満了後の資産はリース会社が保有する契約です。そのため、リース物件はリース会社に返却しなければなりません。コピー機・複合機の場合、リース満了後は別機種に入れ替えることが多いため、リース契約のほとんどはこの方法で利用されています。

・ 所有権移転ファイナンシャルリース

リース契約満了後は、物件の所有権が借り受け会社に移ります。リース満了後もそのまま使い続けることを前提とした契約方法です。主に、耐用年数の長い機器で利用されています。

オペレーティングリース

オペレーティングリースは、期間満了後に返却された物件を、リース会社が中古市場で売却あるいは再賃貸する契約です。つまり中古市場があり、汎用的な物件がリース対象物件となります。リース会社が物件価格から将来の中古価値(残価)を除いてリース料金を算出するため、借り手の機器使用会社は割安な料金で利用できます。

特殊なリース契約

特殊なリース契約

以下のリース契約は、取り扱いのないリース会社もある特殊な契約方法です。また、コピー機や複合機が対象物件でないこともあります。


転リース

リース会社から借り受けた物件を、別の会社に再リースすることです。別の会社といっても全く無関係の会社ではなく、主に親会社から子会社への転貸が大半です。
転リースする主な理由は、小規模な会社の場合、リース会社の審査が通らないことがあるためです。信用度の高い親会社がリース契約を結び、子会社に転貸することで機器を供給します。ただし、親会社の会計処理は自社のリース契約処理と子会社との貸借処理の2種類になるため、複雑です。

リースバック(セールス&リースバック)

自社で保有する資産をいったんリース会社に売却し、その後直ちに同一資産のリースを受けるリース形態のことです。資産を現金化して、他の用途に使用する場合に用いられます。

購入選択権付リース

リース契約満了後の物件の所有権をどうするのか、選ぶことができる契約方法です。ファイナンシャルリースは契約時に所有権が決まっていますが、購入選択権付リースは満了時に選択することができます。購入を選択した場合には、契約時に設定した買い取り額を支払います。契約時にあらかじめ購入選択権行使価額を設定してリース料金を算出するため、リース料金を比較的低く抑えて利用できます。主に、リース満了後の物件の処理方法が契約時に定まっていない場合などに利用される契約形態です。

メンテナンスリース

リース対象物件に保守契約が必要な場合、リース料金と保守料金は別々の支払い先になりますが、メンテナンスリース契約を結ぶことで支払いがリース会社に一本化されます。同時に、メーカー・ディーラーとの保守契約締結が不必要になることもメリットです。

不均等払リース

リース料金は期間中に均等額を支払うことが一般的ですが、不均等払リースは時期によってリース料金を変更して支払うことができます。例えば「起業直後で当初の資金余裕がないため、最初の2年間はリース料金を低くしたい」というように、初期費用を抑えたいときなどに利用されます。

おわりに

特別な理由がない限り、オフィスで使用するコピー機・複合機は、一般的なファイナンシャルリースがおすすめですが、機器の導入用途や導入時の会社の状況によって臨機応変に適切な契約を結ぶことも1つの方法です。リース契約によるコピー機・複合機の導入を予定している場合は、ぜひリース契約の種類についてもご検討ください。

お客様から支持されるのには理由があります

コピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
リースはこちら
コピー機・複合機のリース契約種類と内容について|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!