エプソン(EPSON)のコピー機・複合機

エプソン(EPSON)のコピー機・複合機

様々なメーカーが取り扱うコピー機や複合機。その導入の際には、複数のメーカーを比較検討することが必須です。今回は、エプソン(EPSON)のコピー機・複合機に焦点を当て、その特徴や機能をご紹介します。

エプソン(EPSON)のコピー機・複合機

「エプソン(EPSON)」ブランド紹介

エプソン(EPSON)は1942年に設立され、1968年には世界初のミニプリンターを発売しました。コンピューターおよび周辺機器の生産も行いつつ、家庭用プリンターの一大メーカーとして世界的にもシェアを伸ばしています。ビジネスプリンターとしては希少なインクジェットプリンターの生産もおこなっています。

出典:
http://www.epson.jp/company/milestones/

エプソン(EPSON)コピー機・複合機4つの特徴

エプソン(EPSON)コピー機・複合機4つの特徴

1. エプソン(EPSON)複合機の操作性

エプソン(EPSON)複合機では、大型タッチパネルとテンキーを並列させています。機能選択はタッチパネルのシンプルなアイコンで行いますが、従来のユーザーでも使いやすいテンキーも継続して採用されているので、幅広いユーザーに使いやすく、わかりやすいパネル構成です。
ユニバーサルデザインにも配慮し、色の違いが識別しやすいパネルの配色、ランプの点灯色に一新させました。

2.エプソン(EPSON)複合機のスピード

エプソン(EPSON)複合機にはレーザープリンター(ページプリンター)とインクジェットプリンターがあります。まず、インクジェットプリンターの特徴として、レーザプリンターよりも起動速度が早いことが挙げられます。例えば、エプソン(EPSON)のインクジェットプリンター複合機(PX-M7050)では、ファーストスピードと呼ばれる最初の1枚目を印刷するまでに要する時間は、モノクロ、カラーとも7秒ほどです。従来、印刷スピードは比較的遅いと言われておりましたが、ノズルヘッドの進化によって印刷スピードの向上を実現し、モノクロ印刷では1分間で22枚(カラー印刷では21枚)の印刷が可能になりました。一方、レーザープリンター複合機(LP-M8170)では、ファーストスピードはモノクロで13秒ほどが必要ですが、1分間でモノクロ、カラーともに32枚の印刷が可能です。このように、スピードにも機種によって様々な特徴がありますが、1枚の原稿を大量に印刷する場合でも少量に印刷する場合でも、オフィスのニーズに合わせて選ぶことができます。

3. エプソン(EPSON)複合機の印刷クオリティ

エプソン(EPSON)の複合機では、現在、顔料系のインクを全色で採用しています。従来の染料系のインクは、水に溶けるためにじみやすかったのですが、耐水性がある顔料インクの場合、印刷後にマーカーを使ってもインクのはがれやにじみが起きにくくなります。
また、インクを吹き付けるヘッドを改良し、細かな文字や設計図の精密な線が美しく、はっきりと印刷できるようになりました。
そして、インクジェットプリンターの最大の強みは、どんな用紙にも印刷が可能であることです。熱に弱いフィルムのある窓つき封筒や、表面に凹凸のある和紙、金粉付の表彰状にも美しい印刷が可能です。

4. エプソン(EPSON)複合機のエコロジー

エプソン(EPSON)複合機・コピー機は、商品ラインナップが多く、オフィスのサイズに合わせて選ぶことができるため、小規模なオフィスへの導入も可能です。
また、インクカートリッジの回収、再資源化への取り組みも盛んです。日本国内のエコマーク認定はもちろん、製品に含有する化学物質を厳正に管理した製品であることを証明する「EU RoHS」にも対応しています。また、世界9カ国・地域で実施されているオフィス機器の国際的省エネルギー制度「国際エネルギースタープログラム」にも適合しています。

エプソン(EPSON)コピー機・複合機の仕様と機能

エプソン(EPSON)複合機の仕様

[他のメーカーとの比較のため、エプソン(EPSON)複合機の中でも大型複合機でA4の資料を印刷する際の仕様をご紹介します]
読み取り解像度        :600dpi×600dpi
書き込み解像度        :600dpi×600dpi から 9,600dpi×600dpi相当(スクリーン処理による)
連続複写速度(モノクロ)   :24~32枚
連続複写速度(カラー)    :24~32枚
ファーストスピード(モノクロ):7~13秒

※書き込み解像度、連続複写速度(1分間に何枚印刷するか)、ファーストスピード(コピーボタンを押してから1枚目が印刷されるまでの時間)については、簡易モデルから最上位モデルまで数値に幅があります

参考:2016年12月時点
http://dl.epson.jp/catalogue/bizprinter/15903_printer.pdf

エプソン(EPSON)複合機の機能

機能1.セキュリティ

機能1.セキュリティ

エプソン(EPSON)の複合機では、管理者が利用者毎に制限をかけることができます。例えば営業担当者にはコピー、FAX、スキャンなどの全ての権限を付与し、アルバイトにはコピーのみの利用を認める、といった制限を個別に設定することが可能です。また、プリントジョブに暗証番号を設定するため、ユーザー以外のプリントアウトを制限でき、情報漏えいを防ぎます。

機能2.ネットワーク

エプソン(EPSON)複合機は、通常インターネットに接続して使います。無線LANを利用して、社内のローカルネットワークを使用できるため、LANケーブルによる接続が不要です。また、スマートフォンなどのモバイル機器を利用し、エプソン(EPSON)のサーバーを経由して複合機を遠隔操作することで社外からもプリントアウトが可能となります。
また、エプソン(EPSON)複合機のFAX機能では、パソコンで作成したデータを、複合機を経由してダイレクトに送受信できます。従来のようにFAX原稿を一旦プリントアウトすることなく相手方のFAXに送信できるため、受け取る側に高品質で見やすい原稿を送ることができます。

その他の特徴

エプソン(EPSON)は複合機の他にコンパクトサイズの商品もラインナップされています。外出先で利用できるポータブルタイプのプリンター(サイズ309x154x61㎜、重さ1.6kg)を使えば外出先やデスクサイドで気軽にプリントできるため、商談や営業の場面でもすぐに顧客に対して美しい資料を提供できます。

まとめ

エプソン(EPSON)は、独自路線のインクジェットプリンターをビジネスモデルとしても提供しています。インクジェット最大の魅力はカラー原稿の品質が高いことです。以前から指摘されていた印刷速度やプリントアウトされた用紙の濡れの問題も改善され、より洗練されたパフォーマンスを実現します。また、消費電力も少なくコストダウンにつながるのも魅力です。比較的印刷枚数が少なく、クオリティの高い印刷が必要なオフィスや、小売店、配送納品の多い事業所などで非常に使い勝手のいいプリンターが多いのが特徴です。

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります

コピー機・複合機のリースなら、コピホーダイにお任せ!

コピー機・複合機のリース契約をご検討中でしたら、是非スターティアのコピホーダイにお任せ下さい。スターティアのコピホーダイなら、低価格で安心のサポート体制。リースならコピー用紙代・トナー代込みですので、ランニングコストを抑えたい企業様にもご満足いただける充実したサービス内容です。

スターティアが選ばれる理由 >>

お見積りは無料ですので、ぜひ一度お問合せください。

スピード見積もりはこちらから:0120150924

スターティアが選ばれる理由

スターティアが選ばれる理由

販売台数が多いから安い
コピー用紙代・トナー代が無料
上場企業だから安心
自社メンテナンスだから充実サポート
トータルプロデュースだから便利