複合機(コピー機)のステープル機能とは?|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

複合機(コピー機)のステープル機能とは?|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

複合機(コピー機)のステープル機能とは?

この記事のカテゴリ: その他
複合機(コピー機)のステープル機能とは?

複合機・コピー機に追加できる機能のひとつがステープル機能です。必須ではありませんが、資料作成が多い現場では有効活用できる機能の一つです。こちらでは、ステープル機能の概要や種類についてお話しします。

ステープル機能とは

ステープル機能とは、複合機によって出力された印刷物を自動的にまとめる機能です。まとめる方法としては、ホチキス留め、パンチなどが挙げられます。複合機に「フィニッシャー」というオプションを追加することで利用できるようになります。

会議などで資料を配布する場合、冊子状にまとめることも少なくありません。手作業で資料を冊子状にまとめると時間がかかってしまいますが、この作業を複合機のステープル機能で対応することで業務効率化を図ることができます。

ステープル機能の種類

ステープル機能は「針あり」と「針なし」の2種類に大きく分けられます。それぞれの種類について簡単にご紹介します。

針あり

一般的なのは、針を使用して印刷物をまとめる方式です。金属の針を使うため、多くの用紙を重ねて綴じることができます。枚数が多い資料の作成に最適です。オプションの種類によっては、100枚程度の資料を1つにまとめられます。

針なし

針を使わずに、圧力をかけて綴じる方式もあります。針がないため、同時に綴じられる枚数は5枚程度です。反面、そのままシュレッダーにかけることが可能なほか、針のコストがかからないというメリットもあります。ページ数が少ない資料の作成であればこちらがおすすめです。

ステープル機能を利用するためには「フィニッシャー」が必要

コピー機・複合機には様々なオプションを追加することができます。オプションを追加することで、標準搭載されていない機能を使えるようになります。ステープル機能を利用するためには「フィニッシャー」が必要です。フィニッシャーについて詳しくご紹介します。

フィニッシャーとは

フィニッシャーとは、複合機・コピー機に追加できるオプションのひとつです。専用の機器を本体に装着することで、ステープル機能を利用できるようになります。通常、複合機には標準搭載されていません。

複合機・コピー機のオプションには、物理的に設置する設備系オプション、パソコンにインストールするソフト系オプションがありますが、上述したフィニッシャーは設備系オプションに該当します。

フィニッシャーの種類

フィニッシャーには「インナーフィニッシャー」と「サドルフィニッシャー」の2種類があります。

インナーフィニッシャー

インナーフィニッシャーは、複合機の排紙口に装着するフィニッシャーです。排紙口に入れ込む形になるため、場所をとりません。数枚の印刷物をまとめる際に使用されます。

サドルフィニッシャー

サドルフィニッシャーは複合機の側面に取り付ける大型のフィニッシャーです。複合機全体のサイズが大きくなってしまう点がデメリットですが、分厚い資料をまとめる用途に適しており、50~100枚の資料を綴じることができます。

フィニッシャーでできるステープル以外の機能

フィニッシャーを搭載すると、ステープル機能以外にも以下のような機能を利用できます。

折りたたみ機能

印刷物を自動的に折りたたむ機能です。Z折り、C折りなどを選択できます。ダイレクトメールや封書を作成する際に便利です。基本的にサドルフィニッシャーでしか対応していません。

パンチ機能

ファイリング用のパンチ穴を自動で開ける機能です。書類の保管に役立ちます。2穴、3穴、4穴など、穴の数をファイルの種類によって選択できます。

中綴じ機能

印刷物を2つ折りにし、中心線に沿って自動でホチキス留めできる機能です。複数枚重ねて綴じることで、小冊子を簡単に作成できます。

ソート機能

複数部の小冊子を作成する際に役立つ機能です。通常、複数部の冊子を作成する場合は、各ページを必要数分印刷した後に、ページ順になるように仕分ける必要があります。ソート機能を利用すると、最初からセットになって出力された後、ホチキス留めされます。

フィニッシャーが必要な場合は新品のモデルにリースで追加する

フィニッシャーは、新品の購入・リースで導入する際に追加するのが一般的です。

中古の古いモデルなどでは、装着できるフィニッシャーのメーカー提供が終わっているなど、提供ができない場合があります。

そのため、複合機を導入する段階でフィニッシャーが必要かどうか慎重に検討しておきましょう。資料作成が多い現場であれば、有効活用できるはずです。インナーフィニッシャー、サドルフィニッシャーのどちらにするかも、検討しておきましょう。主な違いは綴じられる枚数、サイズ、機能の充実度です。

***

複合機・コピー機のステープル機能についてお伝えしました。代表的なオプションであり、資料作成が多い現場では業務効率向上に大きく貢献するはずです。オプションのなかでは高額な部類のものですが、用途に合っていればコスト以上のメリットが期待できますので、導入を検討してみてください。

コピホーダイなら、フィニッシャーやオプション機能のご提案もいたします。ご相談からお気軽にお問い合わせください。

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります