コピー機・複合機の選び方

はじめてコピー機・複合機を選ぶ方へのポイントをお教えします

> 01-コピー機・複合機の選び方

[東証一部]上場企業:スターティア株式会社

スピード見積もり依頼

コピホーダイ フリーダイヤル:0120150924

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

はじめてのコピー機選び

はじめてのコピー機選び

コピー機選びのポイント

コピー機を導入したのは、もう4~5年前。もしくは初めて導入される方も多いかと思います。 以前との違いは多くありますが、特に最近顕著になって現れてきているのは、紙文書のペーパーレス化です。
エコロジーの波を受け、ペーパーレス化は多くの企業で進みつつあり、紙をプリントアウトするコピー機は、まさに代表的商品と言っても過言ではありません。 並びにIT技術の技術革新により、電子上でやり取りされる仕事は増えつつあります。

その為、仕事の中でもスキャナの利用が増えてきているのは皆様も実感されているのではないでしょうか。一昔前は、オプションだったスキャナ機能も、現在では、標準装備されている機種がほとんどとなり、こうした紙文書の電子化の流れを受け、コピー機が保有する機能も変化をしてきています。

例えば、コピー機の中のHDDにデータを保存し社員で共有できるデータ共有機能や、ファイルデータをパソコンからFAX送信できるPCFAX機能など、現在、コピー機は文書管理機器ともいうべきものになってきています。
これまでコピー機というと、紙を印刷する機器というイメージが強かったですが、こうした機能にも注意を向けた選び方もご検討されてみるのも面白いのではないでしょうか。

01
しっかり確認!企業の体力

02
見ていますか?コピー機のランニングコスト
03
リースとレンタルどちらを選ぶ

04
契約前に必ず確認!
サポート体制
05
一括見積もりサイトの
活用方法

01しっかり確認!企業の体力

ポイント01 しっかり確認!企業の体力

コピー機を導入する際に、まずチェックしておきたい重要なポイントは『企業の体力』です。
企業の体力が無い場合、コピー機のメンテナンスをしていた会社が急に無くなってしまう。ということも考えられます。
そうなってしまうと、メンテナンス・保守を受けることができなくなり、最悪な場合コピー機を入れ替えないといけないということにもなりかねません。

コピー機自体の性能にはなんら不満があるわけではないのに、長く安心して使っていくためのサポートが得られないという理由で、コピー機の契約をし直さなくてはならなくなるというケースです。
そのような事態を回避するためにも、下記を最低限チェックしてから業者選定を行うことをおススメします。

・資本金の金額

・証券取引所へ上場しているかどうか

・明確にサポート体制を公開しているかどうか

コピー機は導入してから長期間利用するものですので長期間安定してサービス提供をする、体力のある企業を選択するようにしましょう。

 
その他よくある質問はこちら   テルコピブログ  

スピード見積もりはこちらから:0120150924

 

次の記事をよむ ▶
02 リースとレンタルどちらを選ぶ?   

コピー機・複合機の選び方:コピー機・複合機リースのコピホーダイ