スターティア株式会社は東証一部上場企業です

リコー (ricoh)の製品紹介

リコー (ricoh)の複合機の特徴

リコーの複合機(コピー機)は、安定したサポート体制への評価が非常に高いメーカーです。
トラブルがあっても安心なガイダンス機能が備えられていたり、トナー管理・トナー交換を簡単にできたりとユーザー目線の細部にまでこだわった設計が施されています。

本ページは、コピー機(複合機)を紹介するページであり、当社で取り扱えないメーカーおよび機種も含まれております。予めご了承ください。

デジタルフルカラー複合機

~29枚機(1分間に印刷できる枚数が~29枚。小規模向け)

30枚機~39枚機(1分間に印刷できる枚数が30枚~39枚。月間印刷枚数が6000枚~7800枚程度)

40枚機~59枚機(1分間に印刷できる枚数が40枚~59枚。月間印刷枚数が10000枚~11800枚程度)

60枚機~(1分間に印刷できる枚数が60枚以上。月間印刷枚数が12000枚以上のお客様にお勧め)

モノクロ複合機

~29枚機(1分間に印刷できる枚数が29枚以下。小規模向け)

30枚機~39枚機(1分間に印刷できる枚数が30枚~39枚。月間印刷枚数が6000枚~7800枚程度のお客様にお勧め)

40枚機~59枚機(1分間に印刷できる枚数が40枚~59枚。月間印刷枚数が8000枚~11800枚程度のお客様にお勧め)

60枚機~(1分間に印刷できる枚数が60枚以上。月間印刷枚数が12000枚以上のお客様にお勧め)

リコー( RICOH )の特徴

リコーの複合機(コピー機)は、2015年国内出荷台数シェア1位※1を獲得し、圧倒的な支持を得ております。耐久性に強く、長年使用しているお客様がとても多いメーカーです。

印字品質については、リコー複合機(コピー機)の評価は非常に高いです。
特に最新機種については、リコー独自のオイルレスのカラートナーを採用したことで、色再現領域が従来機に比べて大きく拡大しており、写真などの連続的に変化する色合いも、図面などに多い細い線・小さな文字の輪郭・図形なども美しくクリアに表現できます。

タブレット端末やスマートフォンの使いやすさを複合機にも応用し、フリックやピンチイン・ピンチアウト、ドラッグなど、指先ひとつでシンプルで使いやすい機能を装備しています。

また、直感的な操作で機能を活用しやすい、やさしくコピー/やさしくスキャナー/やさしくファックスを新たに搭載し、よく使われる機能を画面上部に配置し、見やすい大きなアイコン表示で設定もわかりやすいユーザーインターフェースにもなっています。
ワンランク上の使いやすさを提供するリコーならではの特徴です。

※1 出典:IDC Japan(http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/201603163Apr.html)

コピホーダイ

スターティアが選ばれる理由

スターティアが選ばれる理由

販売台数が多いから安い
コピー用紙代・トナー代が無料
上場企業だから安心
自社メンテナンスだから充実サポート
トータルプロデュースだから便利
リコー (ricoh)|コピー機(複合機)のリースならコピホーダイ!