コピー機・複合機のサイズは?大きさ重さはどれくらい?|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

コピー機・複合機のサイズは?大きさ重さはどれくらい?|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

最終更新日:2021/10/06

コピー機・複合機のサイズは?大きさ重さはどれくらい?

この記事のカテゴリ: 導入前
コピー機・複合機のサイズは?大きさ重さはどれくらい?

オフィスのレイアウトによっては、コピー機・複合機の設置スペースが限られている場合もあるでしょう。コピー機・複合機のサイズはどの程度なのでしょうか。こちらでは、コピー機・複合機の大きさについて解説します。

一般的なコピー機・複合機のサイズ

コピー機・複合機のサイズは、メーカーやモデルによって細かく異なります。一般的な目安といえるのが幅600mm×奥行600mm×高さ1,200mmのサイズです。基本的に大型のため、家庭用のコピー機のように卓上に設置するのは現実的ではありません。床に600mm四方程度のスペースを用意しておく必要があります。

また、大型であることから重量についても注意が必要です。上述した一般的なサイズのコピー機・複合機は50~100kgの重量があります。そのため、搬入は基本的に業者に依頼する必要があります。

大きさや重量の関係から、一度設置したコピー機・複合機を自分で移動させるのは困難です。将来的なことを考え、動かす必要性が生じない位置にコピー機・複合機を設置する必要があります。無理に動かそうとすると転倒して、怪我や故障の原因になります。

機能や追加オプションが多ければ、コピー機・複合機のサイズや重量も大きくなります。手差しトレイ、ADFといった機能は50~100kgのコピー機・複合機でも利用可能です。フィニッシャーなどは大型のオプションのため、コピー機・複合機の全体サイズが大きくなります。

多くの機能を搭載した高性能なコピー機・複合機は150kg程度になり、サイズも大きいためオフィスの規模によっては圧迫感が生まれてしまうこともあります。50~100kgの製品でもオフィスユースの一般的な機能は搭載されているため、通常の用途であれば不足を感じることはないでしょう。

なお、小規模オフィス向けのコンパクトなコピー機・複合機もあります。こちらのサイズは幅660mm×奥行660mm×高さ460mmが目安です。少し幅と奥行が大きくなりますが高さが低くなるため、卓上に置くこともできます。

原則としてコピー機・複合機は機能を維持しながら小型化することが難しく、機能の充実度とサイズは比例しているといえます。高機能なコピー機・複合機が必要な場合は、その分大きなスペースを確保しなければなりません。

オフィス向けコピー機・複合機の探し方

上述したとおりコピー機・複合機は基本的に大型であり、オフィスに導入する場合はサイズを気にしなければなりません。コピー機・複合機を導入する際は、オフィスの規模に応じて最適なサイズの製品を選ぶ必要があります。以下では、オフィス向けコピー機・複合機のサイズの着目した探し方についてお話しします。

コピー機・複合機を設置するオフィスのスペースを選ぶ

まず、オフィスのなかでどこにコピー機・複合機を設置するのか決めます。ただ、漠然と「ここに置く」とイメージするのではなく、寸法を測り、どの程度余裕があるのか確認しておくことが大切です。あまり窮屈な場所にコピー機・複合機を置くと、運用していくなかでストレスを感じる場合があります。

具体的には、出力した印刷物を取る際に壁や周囲のものがじゃまにならないか、給紙・トナー交換などの作業がスムーズにできるか、などを確認してください。排紙トレイがある方向やフロントパネルを開ける場所に障害物がないように調整する必要があります。こうした作業は日常的に発生するうえに、一度コピー機・複合機を設置すると移動するのは困難なため、周囲の余裕については慎重に確認しておきましょう。

コピー機・複合機を選ぶ

設置予定のスペースに応じてコピー機・複合機を選びます。まず、床に設置する自立タイプと卓上に設置する卓上タイプのどちらにするか検討しましょう。床に十分なスペースがある場合は、多機能な自立型も選択肢に入ります。卓上しかスペースがない場合は卓上タイプを中心に検討することになりますが、小型サイズでも一般的なビジネスユースを満たしているモデルは少なくありません。

スペースと機能のどちらを優先するのかという問題もあります。コンパクトなモデルのほうが使いやすいとしても、実際にコピー機・複合機を運用していて業務でストレスがたまるのは好ましくありません。印刷業務が多い現場であれば、新しくスペースを確保してでも、高機能なコピー機・複合機が必要な場合があります。

機能面でも特に注目していただきたいのが印刷速度で、印刷速度とは連続して紙を印刷できる速度のことです。会議用の資料作成など、多くの枚数を印刷する用途では印刷速度が遅いと時間がかかります。各メーカーはA4のモノクロ印刷を1分間連続で出力できる枚数で印刷速度を表記しています。

基本的に印刷速度が速い製品ほど大型になります。どの程度の印刷速度の製品が必要か判断する際に基準となるのが、月間の印刷枚数です。一般的な企業では月間3,000枚以下の印刷が想定され、この場合、20~30枚/分の速度のモデルで十分だと考えられています。

製品仕様を慎重に確認

コピー機・複合機を選ぶ際には、カタログやWebサイトに記載された製品仕様を慎重に確認してください。多くの場合、通常の製品サイズだけではなく、トレイ伸長時のサイズも記載されています。トレイを伸ばした状態でスペースに余裕があるような製品を選びましょう。

オフィス向き・小型で人気なコピー機・複合機

現在はどういったコピー機・複合機が人気なのでしょうか。オフィス向けの標準サイズ、小さな事業所・SOHO向けの小型からそれぞれ、人気のコピー機・複合機をご紹介します。

オフィス向きコピー機・複合機

ある程度印刷頻度が多く、コピー機・複合機に機能を求めたい場合は、オフィス向け大型サイズの製品をおすすめします。

以下では、オフィス向きコピー機・複合機の人気モデルをご紹介します。

SHARP MX-2661

「MX-2661」は2018年にリリースされたSHARP(シャープ)のモデルです。大きさは幅608mm×奥行650mm×高さ834mmと、標準的なオフィス向けコピー機・複合機のサイズに設計されています。

近年のニーズを反映し、大型のタッチパネルを搭載しているモデルです。タッチの反応も良く、ストレスなく操作できます。ユーザー情報を登録しておけばアイコンをタッチするだけでログインできる「クイックログイン」の機能は勤務している人数が多いオフィスで重宝するでしょう。

人の接近を検知してスリープモードから復帰する「人感センサー」は、印刷開始時間の短縮と省エネを両立できる機能です。オフィスの規模やレイアウトによって検知範囲を3段階で変えられるため、さまざまなオフィスに対応できます。

印刷速度は26枚/分のため、一般的な印刷頻度のオフィスであれば不便を感じることはないでしょう。中~大規模なオフィスに人気の製品です。

SHARP MX-2640FN

「MX-2640FN」は2012年に発売されたSHARP(シャープ)のベストセラーコピー機・複合機です。幅634mm×奥行659mm×高さ834mmと標準的なオフィス向けサイズに設計されています。

ロングタッチ、フリック、ドラッグ、ピンチイン、スライドなど直感的な操作が可能なタッチパネルにより、コピー機・複合機に慣れていないユーザーでもストレスなく使えます。仕上がりを確認したうえで印刷できる「アドバンスプレビュー機能」も便利です。

「省エネスキャン機能」「電源ON/OFFスケジュール機能」など、省エネ関連の機能も豊富に搭載されています。うまく活用すれば消費電力の大幅削減も実現できるでしょう。

印刷速度は26枚/分と申し分ありません。数世代前の製品ですが、現在のオフィスユースにも十分対応できます。中古市場やリース市場では低価格で提供されていることも多く、最新機種にこだわらない場合はおすすめのモデルです。

SHARP MX3661

「MX3661」は上述した「MX-2661」と同時にリリースされたSHARP(シャープ)の新型モデルです。サイズ・重量はそのままに全体的な性能を底上げしています。36枚/分の印刷が可能なため、一般的なサイズで少しでも印刷が速い製品が欲しい場合におすすめの製品です。

シャープの複合機はこちら ▶SHARP

シャープ機種

富士フイルム ApeosC2570

2021年、大手複写機メーカーの富士ゼロックス(XEROX)は、富士フイルムに社名変更しました。合わせて新ブランドの「Apeos」を立ち上げています。同社ブランドは25~70と幅広い印刷速度のモデルをラインナップしていますが、「ApeosC2570」はそのなかでも最も低速のモデルです。幅595mm×奥行677mm×高さ948mmと標準的なサイズになっています。

最新モデルということで、テレワークへの活用が想定されている点が特徴です。本モデルとの併用ができる「Working Folder」は、インターネット経由でドキュメントの閲覧・編集ができるため、情報共有に便利なクラウドサービスです。同じく「ApeosWiz Cloud ODP」というクラウドサービスでは、移動先のコピー機・複合機からの出力を実現しているため、オフィス外からも同じ文書を出力することが可能になります。

タッチパネルは旧モデルからUIが一新され、ダークなデザインとなりました。アイコンがわかりやすくなっているため、誤操作を防止できます。近年の状況を反映し、抗菌加工が施されているのもポイントです。

富士フイルム ApeosPortC2360

「ApeosPortC2360」は2020年8月に富士フイルムからリリースされた製品です。幅616mm×奥行659mm×高さ1119mmの標準的なサイズのため、さまざまな規模のオフィスに対応できます。印刷速度は23枚/分です。

7インチのタッチパネルは、スマートフォンのような感覚で操作できます。頻繁に使う機能・設定をホーム画面に登録しておくことも可能です。ワンタッチですぐに任意の業務を開始できます。

スマートフォンアプリの「Portable UI for Business」を利用すれば、コピー機・複合機で機能をあらかじめスマートフォンで設定しておくことができます。NFCタッチ(※)でスマートフォンを読み込ませれば、すぐに希望の設定を呼び出すことが可能です。

※NFCタッチ:近距離無線通信技術の国際標準規格のこと。特徴的な機能は、ワンタッチ(触れるだけ)で機器認証ができ、Wi-Fi(ワイファイ)や、Bluetooth(ブルートゥース)のように、無線通信ができる。

富士フイルム ApeosPortC2570

「ApeosPortC2570」は、「ApeosPort」シリーズの1モデルです。上述した「ApeosPortC2360」から基本仕様・サイズはそのままに印刷速度が向上しています。

富士フイルム(※)の複合機はこちら ▶Fujifilm

富士フイルム(旧富士ゼロックス)機種

※旧富士ゼロックス

小型で人気のコピー機・複合機

印刷業務はそこまで多くなく、ペーパーレス化や時おりくるFAXのためにコピー機・複合機を置いておきたい、というオフィスは少なくありません。そうした現場では、基本的な機能を不足なく備えた小型のコピー機・複合機でも十分なケースがあります。

以下では、小型のコピー機・複合機で人気な製品をご紹介します。

SHARP BP-20C25

「BP-20C25」はSHARP(シャープ)のコンパクトなモデルです。幅560mm×奥行560mm×高さ653mmと小型なため、卓上や机の下に置くことができます。小型ながらA3の印刷に対応している点もポイントのひとつ。グッドデザイン賞を受賞しているシンプルでスタイリッシュなデザインもおすすめポイントのひとつです。

SHARP MX-C305W/MX-C306W

「MX-C305W」「MX-C306W」はSHARPの自立型コピー機・複合機です。サイズは491×568×516mm(MX-C305W)、491×568×565mm(MX-C306W)と、小規模なオフィスでも設置しやすい大きさになっています。印刷速度は30枚/分と、印刷を日常的に行う現場でも十分対応できるモデルです。

SHARP MX-2661

オフィス向けコピー機・複合機としてご紹介したMX-2661は、小規模オフィス向けとしてもおすすめできます。コピー機・複合機として過不足のない性能を有しているため、印刷業務を効率的にしたい場合はご検討ください。

シャープの複合機はこちら ▶SHARP

シャープ機種

富士フイルム DocuCentre C2000

「DocuCentre C2000」は、富士フイルムが提供しているシリーズ「DocuCentre」内のコンパクトなモデルです。幅595mm×奥行627mm×高さ634mmというサイズの小ささから、スペースがないオフィスにも対応できます。業界内でも評価が高い富士フイルムの画質は、コンパクトになっても健在です。画質に優れるコンパクトなモデルが欲しい場合におすすめといえます。

富士フイルム(※)の複合機はこちら ▶Fujifilm

富士フイルム(旧富士ゼロックス)機種

※旧富士ゼロックス

まとめ

コピー機・複合機のサイズについてご案内しました。設置する環境に合ったサイズのコピー機・複合機を選ばなければ、運用していくなかでストレスがたまってしまいます。十分なスペースを確保し、余裕を持って設置できるコピー機・複合機をお選びください。

\ 月額3,000円~! 初期費用0円! コピー用紙代込み! /

無料カンタン見積りはこちら

<即日対応>いますぐ月額料金をお見積り

お電話でもOK 0120-175-052

受付時間 9:00~18:00(土日祝日はメールのみ受付)

お問い合わせからご契約・導入までの流れ

コピーホーダイでは設置場所・機種などご契約内容により異なりますが、最短3営業日でのご納品が可能です。お客様のご要望に合わせてスピーディーで丁寧な対応を心がけております。

  • お問い合わせ

    お電話や、お見積り依頼フォームよりお問い合わせください。お客様のご希望に合わせて電話・メールにてご連絡させていただきます

  • 訪問・お見積りのご提示

    訪問またはオンラインでのお打合せにてお見積りのご提示をさせていただきます

  • ご契約・リース審査

    当社からのご提案・お見積り内容にご納得いただけましたら、正式なご契約となります

  • ご導入

    予め設定させていただいた日時に当社サポートが訪問し、コピー機の設置作業を行います

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

※旧富士ゼロックス

\ 月額3,000円~! 初期費用0円! コピー用紙代込み! /

無料カンタン見積りはこちら

<即日対応>いますぐ月額料金をお見積り

お電話でもOK 0120-175-052

受付時間 9:00~18:00(土日祝日はメールのみ受付)

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
ぴったりのコピー機をシミュレーション