リースの料金(価格)|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

リースの料金(価格)|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

使用頻度が多く、お好みの機種を選びたい方向けのリースプラン

コピー機・複合機リースプラン

こんな方にオススメ!! コピー機・複合機の長期利用(2年以上)を予定している方

  • スターティアのコピー機・複合機のリースは販売台数が多いため安く抑えることができ、コピー用紙代・トナー代込み、お客様のランニングコストを徹底的に抑えることができます。もちろんコピー機・複合機のリースでもサポート体制は万全。上場企業だからコピー機・複合機をリースする上でも安心感が違います。 短期間ご利用予定の方はこちら レンタルプラン
  • コピー機のリースをご検討中のお客様によくある課題

    • 月々のコストを削減したい

      スターティアなら、こう解決!

      初期導入費用無料/月額固定費¥3,000~

      コピー用紙、トナー代込!

      メンテナンス費用込み!

      一部の製品では上記サービスに該当しない場合もございます。

      月々のコストを削減したい
      ランニングコストを抑える方法 (コスト削減事例あり)
    • メンテナンス・サポートに不満

      スターティアなら、こう解決!

      自社メンテナンスによる充実サポート

      コールセンター+巡回サポートスタッフ体制でスピーディに対応いたします♪

      メンテナンス・サポートに不満
      コピー機のプロがお客様をサポート (全国対応で豊富な実績)
    • オフィス回りを一括サポート

      スターティアなら、こう解決!

      オフィスフォン/ネット回線/ウェブ制作/ネットワークセキュリティ等まとめて一括対応も可能です!

      オフィス回りを一括サポート
    • 業務状況にあった機種を使いたい

      スターティアなら、こう解決!

      現在のお客様の使用状況から最適な機種をご提案いたします。

      広く業務に対応できる高機能機種も取扱あり。

      業務状況にあった機種を使いたい
    短期間ご利用予定の方はこちら レンタルプラン
  • 「業務用コピー機」のリース料金と、「小型プリンター」のレンタル料金について

    コピー機は機能によって価格帯が違います。こちらでは、業務用コピー機のリース料金と、小規模オフィス向け小型プリンターのレンタル料金の違いについてご説明いたします。

    「業務用コピー機」とデスク周りに置かれる「プリンター」の違い

    コピー機はある程度のスペックや機能を境に、業務用コピー機とデスク周りにおかれるプリンターという2種類に分けられています。一概に優劣を決められるものではないものの、オフィスで利用されるものは業務用コピー機がほとんどで、プリンターを利用する企業は少ないのが現状です。オフィスで導入する際の方法としては、購入する以外に「リース」と「レンタル」があり、業務用コピー機の場合は契約期間の長い「リース契約」、プリンターは契約期間の短い「レンタル契約」が利用されることが多くなっています。
    以下では、業務用コピー機とプリンターの違いについてご説明いたします。

    • 小型プリンター
      小規模オフィス向けのプリンターには、家電量販店に置かれているような家庭用のものから、個人事業主など、ごく小規模事業者向けのものまでを含みます。シンプルなコピー機として使う分には申し分ありません。
      利点としては、コンパクトで取り扱いや移動が容易な点が挙げられますが、専門的な印刷には対応できず、拡張性に乏しいことが難点です。オフィスでも小型プリンターが利用されることがしばしばありますが、印刷スピードや機能など、性能面で不自由を感じる可能性があります。
    • 業務用コピー機
      業務用コピー機は、4段給紙、ADF(自動原稿送り装置)、FAXなどオフィスユースとして万能に使える機能がついた「複合機」と呼ばれるタイプを指します。価格帯が上がると、高画質、高速印刷機能などが搭載され、さらにハイスペックになっていきます。日常的に多くの印刷を行うオフィスや、印刷そのものを業務として行っているオフィスでも対応できるタイプです。
      最近ではこれら高性能の業務用コピー機をリースで契約するケースが非常に多くなっています。リースで利用する場合は、初期費用がかからないため、導入しやすい事がメリットの1つとしてあげられます。

    業務用コピー機とプリンターの料金比較

    業務用コピー機のリース料金と、小型プリンターのレンタル料金を比較してみましょう。

    プリンターのレンタル料金 業務用コピー機のリース料金
    月々の利用料金の目安 7,000円~ 12,000円~15,000円程度
    月間印刷枚数の目安 ~500枚 500枚~
    特徴 印刷・コピーの枚数が非常に少ない企業向け 一般的なオフィス利用向け
    高速印刷、高画質
    その他拡張性に優れる
    プリンターのレンタル料金
    月々の利用料金の目安 7,000円~
    月間印刷枚数の目安 ~500枚
    特徴 印刷・コピーの枚数が
    非常に少ない企業向け
    業務用コピー機のリース料金
    月々の利用料金の目安 12,000円~15,000円程度
    月間印刷枚数の目安 500枚~
    特徴 一般的なオフィス利用向け
    高速印刷、高画質
    その他拡張性に優れる

    印刷枚数が非常に少ない企業向けにレンタルサービスが提供されているプリンターは、月々7,000円程度から提供されています。一方、業務用コピー機と呼ばれるタイプは12,000円~15,000円程度のものが一般的で、その他オプションの充実度に応じてリース料金が上がっていきます。プリンターをレンタルする場合は、業務用コピー機をリースするよりも短期間での契約が可能ですが、機能としては業務用コピー機に劣る部分があります。

    【動画】1分でわかるコピー機契約のしくみと料金相場(リースの場合)

    ※音声が流れますので音量にご注意ください

  • 毎月の料金のしくみ

    リース契約において、毎月お支払いいただく料金にはリース料金カウンター料金があります。リース料金は毎月固定でお支払いいただく本体料金のことです。一方、カウンター料金は使用分だけをお支払いいただく印刷枚数ごとの料金をさします。携帯電話の支払いに例えると、リース料金は分割払いの端末代、カウンター料金は通話料というイメージです。

    • リース料金

      毎月
      固定で
      支払う

      本体代

    • カウンター料金

      使用分
      だけ
      支払う

      印刷枚数ごとにかかる料金

    月額料金を決める3つの要素

    リース契約の月額利用料金は、下記の3つの要素によって変わります。
    ①月間印刷枚数
    ②印刷カラー(カラー/モノクロ)
    ③リース契約年数(3年リース/4年リース/5年リース/6年リース)

    • ①月間印刷枚数

      月間印刷枚数に
      応じた推奨印刷速度

      (1分間の印刷枚数)

    • ②印刷カラー

      ■カラー印刷
      ■モノクロ印刷

    • ③リース契約年数

      ■3年リース
      ■4年リース
      ■5年リース
      ■6年リース

    この3つの要素が月額料金に影響します

    リース料金を見積り前に月間印刷枚数をイメージする

    月間印刷枚数
    「毎月何枚くらい印刷するのか?」を
    確認しましょう。

    印刷量が不明な場合は、
    用紙の束の消費量をイメージしましょう

    月間印刷枚数 毎月印刷枚数に応じて
    推奨される「印刷速度」が変わってきます。

    一般的な月間印刷枚数の目安は4通りに分類されます。この月間印刷枚数に応じて推奨されるコピー機のスペック「印刷速度」(1分間あたりに印刷できる枚数)が変わってきます。

    たとえばカラーで5年リースの場合は、下記のように印刷速度ごとにリース料金の相場が変わってきます。

    リース料金の目安

    カラーで5年リースの場合

    月間枚数
    (印刷速度)

    20枚機

    30枚機

    40枚機

    50枚機

    リース料金
    (相場)

    11,000円/月~

    17,000円/月~

    20,000円/月~

    22,000円/月~

    ※当社調べの市場の平均的な価格となります

    ※お客様のご状況とご希望のスペックによっては上記の表と差異のあるお見積りを提示する場合もございますのでご了承ください

    スペック(印刷速度) mx2650_3150_3650 20枚/分 mx-3661 30枚/分 mx-c306w_mx-c305w 40枚/分 mx-c306w_mx-c305w 50枚/分
    推奨月間印刷枚数 1,000~3,000枚 3,000~6,000枚 6,000~10,000枚 10,000~30,000枚
    リース料金相場(月額) 11,000円/月~ 17,000円/月~ 20,000円/月~ 22,000円/月~
    関連リンク リース可能な20枚/分の
    コピー機一覧をみる
    リース可能な30枚/分の
    コピー機一覧をみる
    リース可能な40枚/分の
    コピー機一覧をみる
    リース可能な50枚/分の
    コピー機一覧をみる

    ※当社調べの市場の平均的な価格となります

    ※お客様のご希望によっては上記の表と差異のあるお見積りをご提示する場合もございますのでご了承ください

    ※画像はイメージです

    スターティアでは、お客様のご利用頻度に合わせた最適な機種やプランをご提案いたします。

  • オフィスでの業務に最適なコピー機・プリンターは?

    導入に適しているコピー機の価格帯は、オフィスの規模や印刷枚数によって変わってきます。3名~5名程度の小規模のオフィスでは、月額10,000円程度の小型プリンターをレンタルで利用する場合もあります。日常的に印刷することが少ない事業者のみが、この印刷性能でも対応可能だと考えられます。しかしながら金額に大きな差がない中で、よりスペックの高い業務用のコピー機をリースすることも可能なため、比較検討が必要です。

    5名以上の中規模程度のオフィスでは、FAXや高速印刷・高画質での印刷も必要になってくることが多いため、印刷枚数がそれほど多くない場合でも、10,000円~15,000円の低価格帯の業務用コピー機をリースで利用する場合されることが多くなっています。
    リース料金が30,000円以上の業務用コピー機は、主にワンフロアに10名以上が在籍しているようなオフィスで導入されています。利用する人数に比例して印刷枚数が多くなるため、高速印刷機能は不可欠で、スキャンやFAXの機能も必要になってきます。そのため、ハイスペックなコピー機・複合機でなければ対応できないでしょう。

    カウンター料金も事前に確認

    コピー機は利用していくうちに、紙詰まりなどのトラブルが起こる可能性があるため、定期的な保守・メンテナンスが求められる製品です。コピホーダイでは、業務用コピー機を利用する場合、カウンター保守契約を同時に結ぶことでコピー機の保守・メンテナンスをおまかせいただけます。カウンター料金はリース料金とは別に発生し、印刷枚数に応じて加算されていく課金方式が一般的です。通常はリース料金が高くなるにつれて、コピー1枚あたりのカウンター料金は安くなっていきます。

    リース契約を結ぶ際は、リース料金だけではなく印刷枚数に応じたカウンター料金についてもご確認ください。また、コピホーダイではカウンター料金も定額にてご利用いただける「ふらっとプラン」をご用意しております。印刷枚数が多い方にお得なプランになりますので、ぜひご検討ください。これまで印刷枚数を気にされていなかった企業様でも、印刷枚数とリース料金、カウンター料金を見直す事でコスト削減につながる場合がございます。

    途中解約について

    業務用コピー機をリースする場合は、契約をすると契約期間中は原則途中解約ができません。どうしても途中解約したい場合は、違約金を支払うことが条件となっているのが一般的です。また、コピー機を別の機種に入れ替えしたい場合も全契約の残債支払いが求められるケースがあります。業務用コピー機のリースを選ぶ際にはリース料金ばかりが注目されがちですが、オフィスでの業務において最も重要なのは必要な機能がついていて、長く使い続けられるコピー機を選ぶことです。

    金額の安い低スペックのプリンターを利用した場合も、のちのち性能に満足出来ず業務用コピー機に切り替えるケースが多くありますので、はじめに利用枚数、オフィス規模、機能、利用期間など様々な要素をふまえて自社にあったものを選ぶことが重要になります。

    スターティアでは、ご契約後のサポートも含め、専門のコンサルタントがご要望に沿ったコピー機をご提案いたします。求める機能とコストのバランスがよい業務用コピー機・複合機をお探しの事業者様は、お気軽にご相談ください。

  • コピー機をリースするメリット・デメリット

    業務用コピー機は、一般的にリースで導入されていますが、買取や購入で導入する方法もあります。ここでは、コピー機をリースする際のメリット・デメリットについてご紹介します。

    コピー機をリースするメリット

    • 月々の支払いが経費扱いにできる
      月々の支払いが経費扱いにできる
      月々のリース料が経費扱いにできるだけでなく、月額料金が固定になっているため、ランニングコストが掴みやすくなります。
      また、コピー機の購入(買取)とは違って、リース会社に所有権があるので、固定資産税を払ったり、減価償却の手続きをしたりすることが必要ありません。
    • イニシャルコストなしで導入できる
      イニシャルコストなしで導入できる
      現金を一度に使用することがないため、コピー機購入(買取)のイニシャルコスト分を会社の運転資金に回すことができます。これは非常にメリットになるでしょう。
      また、銀行などからお金を借りる場合などと比較すれば、リースの審査そのものは比較的簡単であることもメリットです。
    • 事務が合理化できる
      事務が合理化できる
      コピー機を購入(買取)すると、事務の償却、資金の調達、税金の申告・納付などさまざまな事務処理が発生します。
      しかし、コピー機をリースにすると、このような全ての事務処理をリース会社に任せることができるため、一段と事務が合理化できます。
    • コピー機が古くなるリスクが防げる
      コピー機が古くなるリスクが防げる
      コピー機は新しい機種がどんどん登場するので、導入したものが5年後にはすでに一昔前の機種になっているなんて事もよくあります。
      コピー機が古くなると、社内ネットワークに接続できなくなったり新しいパソコンとの互換性が生じてしまうなどのリスクが考えらます。
      そのため、リース期間を3年や5年にしておき、期間が満了したらまた新しい機種をリースしてもらうことで、ネットワーク接続や新しいパソコンとの互換性などのリスクを無くして行くことが可能です。

    コピー機をリースするデメリット

    • 解約が途中でできない
      解約が途中でできない
      基本的に、リース料は固定金利であるため、リース契約は導入する際に決めた年数になります。契約を一旦結ぶと、途中で解約ができません。そのため、解約を途中でするためには、一括で残債務を払って契約を強制的に満了にすることが必要です。
      コピー機のリースは、リスクとして支払いが長期的になることを把握しておきましょう。
    • リース会社に所有権がある
      リース会社に所有権がある
      リースでコピー機を導入すれば、コピー機自体は自分の事務所にありますが、リース会社に所有権はあります。
      そのため、リースしている期間が終われば、リース会社がコピー機を持ち帰ることもできます。
      なお、コピー機をリースする期間が終わる何ヶ月か前には、再リースについてリース会社から打診があります。
      リースしているコピー機は、リース会社の所有物であるため譲ったり、販売することはできないので注意しましょう。
    • 買取よりもトータル額は高額になる
      買取よりもトータル額は高額になる
      コピー機のリースは利息、税金、手数料、保険料などが含まれるため購入(買取)をするよりもトータル金額が高くなります。
      なお、コピー機のリースの場合は、リース料の中味を十分にチェックしましょう。
      古い事例ですが、リース料にいろいろなものが入っており、内容がはっきりしない状態で契約した結果、非常に高額になったそうです。
      リース料の内容は十分にチェックしましょう。
    • 審査に通らないことがある
      審査に通らないことがある
      コピー機をリースするためにはリースの審査(与信といいます)を受ける必要があります。
      そのため、実際に導入しようとした際にリースの審査に落ちるのを防ぐため、与信審査というものを審査の前に受けることをおすすめします。
      なお、与信審査に受かった場合でも、契約を実際にする必要はなく、無料で受けれるため、コピー機のリースの場合は、最初に与信審査を受けておくことをおすすめします。
      なお、審査基準は、リース会社によって違っているので、一緒にいくつかのリース会社の与信審査を受けると良いでしょう。

    >>メリット・デメリットについてさらに詳しく

  • その他の人気おすすめコピー機・複合機のラインナップ

    富士ゼロックス ApeosPort C5570

    富士ゼロックス

    ApeosPort C5570

    メーカー価格
    2,930,000円~(税別)
    リース料金の目安
    22,000円/月~
    印刷速度
    カラー:55枚/分
    モノクロ:55枚/分
    富士ゼロックス ApeosPort C2570

    富士ゼロックス

    ApeosPort C2570

    メーカー価格
    1,900,000円~(税別)
    リース料金の目安
    11,000円/月~
    印刷速度
    カラー:25枚/分
    モノクロ:25枚/分
    富士ゼロックス ApeosPort C2360

    富士ゼロックス

    ApeosPort C2360

    メーカー価格
    1,290,000円~(税別)
    リース料金の目安
    11,000円/月~
    印刷速度
    カラー:23枚/分
    モノクロ:23枚/分
    キヤノン MF447dw

    キヤノン

    MF447dw

    メーカー価格
    オープン価格
    リース料金の目安
    17,000円/月~
    印刷速度
    カラー:枚/分
    モノクロ:38枚/分
    シャープ MX-C305W

    シャープ

    MX-C305W

    メーカー価格
    1,000,000円~(税別)
    リース料金の目安
    17,000円/月~
    印刷速度
    カラー:30枚/分
    モノクロ:30枚/分
    シャープ MX-3661

    シャープ

    MX-3661

    メーカー価格
    1,760,000円~(税別)
    リース料金の目安
    17,000円/月~
    印刷速度
    カラー:36枚/分
    モノクロ:36枚/分
    シャープ MX-3161

    シャープ

    MX-3161

    メーカー価格
    1,415,000円~(税別)
    リース料金の目安
    17,000円/月~
    印刷速度
    カラー:31枚/分
    モノクロ:31枚/分
    シャープ MX-2661

    シャープ

    MX-2661

    メーカー価格
    1,285,000円~(税別)
    リース料金の目安
    11,000円/月~
    印刷速度
    カラー:26枚/分
    モノクロ:26枚/分
  • コピホーダイのリース料金が安い理由

  • リース費用/料金/相場に関連するおすすめコンテンツ

  • コピー機・複合機 リース に関してのよくある質問

  • お客様からの口コミ

    お客様にお問い合わせいただいてからご契約・ご納品までの当社スタッフの対応を評価していただきました。
    • ★★★★★
      星5つ ・・・ 大変満足
    • ★★★★☆
      星4つ ・・・ まぁ満足
    • ★★★☆☆
      星3つ ・・・ ふつう
    • ★★☆☆☆
      星2つ ・・・ やや不満
    • ★☆☆☆☆
      星1つ ・・・ とても不満
    現在の評価平均 4.7 /5点満点
  • 開業支援ウェブ集客パック
    開業に合わせて、オフィス機器の手配はもちろん、「会社ホームページを作りたい!」「Webで集客・アピールしたい!」
    という方にオススメです。Webは1ページから制作可能で、広告出稿などもサポートできます!

    » 「開業支援ウェブ集客パック」の無料カンタン見積りはこちら

  • コピー機・複合機 リースとレンタルの違い

リースで人気!スターティアがおすすめするコピー機・複合機のラインアップ

コピホーダイのリース契約でご導入いただく機種のなかでも特に人気なのが下記のシャープ製や富士ゼロックス製のコピー機ですが、キヤノンやリコーなど他メーカーのコピー機でももちろん優秀な機種はございます。お客様のご要望に合わせてご提案をさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

  • リース残ってるけど乗り換え

スターティアが実現したコスト削減事例

以前ご導入してから、数年が経過しているなら、新品に入れ替えてもコスト削減できる可能性があります。

会社概要 利用枚数 費用(乗換前) 費用(乗換後) 削減額
従業員数5名デザイン会社 モノクロ:1,000枚
カラー:2,000枚
¥56,100/月 ¥43,400/月 -¥152,400/年
従業員数7名機械販売会社 モノクロ:2,000枚
カラー:3,000枚
¥77,500/月 ¥62,800/月 -¥176,400/年
従業員数30名システム会社 モノクロ:25,000枚
カラー:5,000枚
¥181,000/月 ¥160,000/月 -¥252,000/年

※金額は全て税抜き価格です。

更にスターティアは、コピー用紙込みだから、毎月の費用に大きな違いが出ます!!

以前ご導入してから、数年が経過しているなら、新品に入れ替えてもコスト削減できる可能性があります。

■従業員数5名/デザイン会社(モノクロ1000枚/カラー2000枚)

費用(乗換前) 費用(乗換後) 削減額
¥56,100/月 ¥43,400/月 -¥152,400/年

■従業員数7名/機械販売会社(モノクロ2000枚/カラー3000枚)

費用(乗換前) 費用(乗換後) 削減額
¥77,500/月 ¥62,800/月 -¥176,400/年

■従業員数30名/システム会社(モノクロ25000枚/カラー5000枚)

費用(乗換前) 費用(乗換後) 削減額
¥181,000/月 ¥160,000/月 -¥252,000/年

※金額は全て税抜き価格です。

更にスターティアは、コピー用紙込みだから、毎月の費用に大きな違いが出ます!!

導入の流れ

導入の流れ

ご納品後

※()内は自社メンテナンスの地域になります。その他の地域もメーカーがメンテナンスを行いますのでご安心ください。

さらに、ご契約後も
自社のサポート部隊がしっかり貴社をサポート。

安心のサポート実績

  • 自社サポート実績年数

    自社サポート実績年数

    20

  • お取引社数

    お取引社数

    20,000社以上

  • 複合機の稼働台数

    複合機の稼働台数

    14,300台以上

※各数値は、日本全国で2019年3月末時点でご利用中/契約中のものをカウントしています。
※お取引社数は、グループ累計でご請求書を発行しているお客様の社数です。

つながりやすいコンタクトセンター

  • ダイレクト着信

    ダイレクト着信89.8%

    約90%の確率で、電話をかけてダイレクトにオペレーターにつながります。「お客様の業務を止めない」をモットーに、まずは電話窓口での早期解決に努めています。

  • 電話での解決率

    電話のみで解決ができた34.5%、そのうち、1回目の電話で解決できた31.9%

    この数値は、業界でもTOPクラス。時には遠隔操作によってお客様のパソコンを見させていただき、問題点の追究と解決のための作業を行います。(※契約プランによって対応範囲は異なります)

    〈比較〉某メーカーサポートセンターの電話解決率:26.0%(自社調べ・2018年度上期平均値)

※各数値は、複合機に関するお問い合わせの2018年4月~2019年3月平均です。

エンジニアによるきめ細やかな保守サポート体制

  • トラブル時はエンジニアが駆けつけます トラブル時はエンジニアが駆けつけます

    定期点検に加えて、もちろん緊急のトラブルの際は迅速に駆けつけて修理対応を行います。まずは電話窓口にて状況をうかがい、必要であれば最速で到着できる技術員を手配いたします。

  • ご利用状況に合わせて定期点検します ご利用状況に合わせて定期点検します

    お客様のご利用状況(印刷枚数やモノクロ・カラーの割合など)を調査し、独自の訪問サイクルシステムに基づいて最適なタイミングで訪問点検を行っています。

  • マルチスキルのエンジニアを育成しています マルチスキルのエンジニアを育成しています

    オフィス環境を包括的にサポートできるよう、複合機だけでなく、ネットワーク、電話、回線などあらゆる工事・対応をエンジニア全員ができるように教育を行っています。

  • 導入後3か月間は毎月1回訪問します 導入後3か月間は毎月1回訪問します

    新しい機器の導入初期はお問い合わせが最も多いことから、設置後3か月間はエンジニアが月に1度訪問し、ご相談をお受けしています。

導入後であってもプリンタドライバやFAXの設定を行うことが可能です!

PCのプリンタドライバのインストールは煩雑でわかりにくいなどといったご面倒な設定を月額1,000円でご提供いたします。
設定・調整のための訪問回数に関わらず定額料金となりますので是非ご活用ください。

月額1,000円の定額サポートサービス ⇒

■ご納品頂いたお客様からお喜びの声を頂戴しました。

お客様の声はこちら

 
■お急ぎのお客様は、直ぐにご連絡ください。即日スピード対応いたします。

スピード見積もりはこちら

 
全てまとめて任せたい方は、下記よりお問い合わせ下さい。
  • お客様から支持されるのには理由があります

    お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、初期費用が不要で毎月のお支払いが安価という、どこにも負けない《安さ》に自信があります。

    また、コピー機(複合機)リースは好きな機種を新品で選ぶことができる点も人気の理由のひとつです。コピー機の利用頻度が多い方にとってはオススメのプランになります。

    コピー機自体の価格が安いのはもちろんのこと、コピー用紙やトナー代込みのプランがありお客様のニーズにあわせて最適なプラン・機種をご提案させていただいております。
    そのため、コピホーダイのコピー機(複合機)リースをご検討されるお客様は多いです。

    導入タイミングとしましてはオフィスの移転時やレイアウトの変更時、ご契約形態としましてはコピー機(複合機)をリースで導入いただくことが多いです。

    お客様にご満足いただける、コピー機(複合機)のリースをご提供させていただきます。

    是非ご検討ください。

    ※キット式の機種を除く

    お客様から支持されるのには理由があります
    リースの料金(価格)|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!