【A3対応】複合機(プリンター)を比較!おすすめの選び方をご紹介|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

【A3対応】複合機(プリンター)を比較!おすすめの選び方をご紹介|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

最終更新日:2021/10/13

【A3対応】複合機(プリンター)を比較!おすすめの選び方をご紹介

この記事のカテゴリ: 導入前 比較

いくつもの機能を兼ね備えた「複合機」。いろいろなメーカーのさまざまな製品があって、最適な一台を選ぶのは大変ですよね。

ここで紹介するのは、A3対応の複合機の選び方です。写真と文書のどちらを重視するか、ひと月あたりの印刷枚数はどのくらいか、といった観点から、あなたのオフィスにあった複合機を選びましょう。

A3対応の複合機は2種類

複合機といえば、コピーにスキャン、ファックスなどの機能が合わさっているものをイメージすると思います。しかし厳密にいえば、複合機にも種類があり、A3サイズ対応の複合機がすべて同じものとは限りません。

たとえば、「インクジェット」型と「レーザー」型の複合機が存在します。インクジェットプリンター、レーザープリンターといった言葉は聞いたことがあると思いますが、実際はどのような違いがあるのでしょうか。

1-1.インクジェットとレーザー

インクジェット型とレーザー型の違いは、主に印刷する仕組みにあります。インクジェットプリンターは、文字通り「インク」を使用しますが、レーザープリンターの場合「トナー」という色材を使って印刷イメージを再現します。

使用環境によって、普通紙印刷ひとつとっても要するコストや印刷スピードが異なるので、用途に合ったモデルを選ぶと良いでしょう。

1-2.インクの特徴

1枚あたりの印刷にかかるコストやスピード、色の再現性などにおいて、インクジェット型とレーザー型では違いがあります。ここではインクの違いに着目しながら、両者の特徴を見ていきましょう。

1-2-1.カラーインクジェット

インクジェット型の特徴は、複合機にセットされたインクを、直接プリント用紙に吹き付けることで文字や写真を印刷する点にあります。色の再現率が高く、L判写真やイラストを用いた資料を印刷するときに役立ちます。

レーザー型と比べると消費電力が少なく、コスト削減に直結するのも特徴。経費を抑えてプリンターを導入したい場合は、インクジェット型を選ぶことをおすすめします。

ただし、インクジェット型は多機能なモデルが多く、シンプルにコピー機能やスキャン機能だけを使いたい場合は、オーバースペック気味になることもあります。必要な機能を備えたプリンターをじっくり調べてから選ぶようにすれば、操作ミスの低減や導入費用の軽減につながります。

1-2-2.カラーレーザー

一方、レーザー型の特徴は、その名の通りレーザーを使って印刷する点にあります。「ドラム」と呼ばれる筒状の感光体と、「トナー」と呼ばれる色材がプリンター内に装備されています。やや専門的な話になりますが、これらの部品を使って照射・転写を繰り返し、印刷イメージをプリント用紙に押し付けることで色や文字を表現します。

仕組みは複雑ですが、印刷にかかる時間は非常に短いです。インクジェット型と比べると、特に大量印刷をする際に時間短縮を実現してくれます。1枚あたりのコストも抑えられるので、業務用にも適しています。

ただし、消耗品の交換コストやメンテナンス費用が高めに設定されているため、使用頻度が低いと割高になってしまう傾向にあります。使用イメージをしっかりと踏まえた上で選ぶことが大切です。

A3対応シャープ複合機(コピー機)最新機種はこちら

2.メーカーごとに特徴を徹底比較!

エプソン、キヤノン、リコーなど、複合機を取り扱っているメーカーは数多くあります。「顔料インク(用紙の表面に定着させるタイプ)と染料インク(用紙に染み込むタイプ)のどちらを使用するのか」「自動両面印刷に対応しているか」「モノクロ印刷速度、カラー印刷速度はどのくらいか」「インク形状はどのようになっているか」など、メーカーごとに特徴や性能は異なります。

ここではA3対応プリンターを扱う主要な7メーカーを取り上げて、会社ごとの大まかな傾向や特徴をお伝えしていきます。

2-1.エプソン

よくCMで耳にする「Colorio(カラリオ)」を手がけるメーカーです。主に写真印刷を得意としており、6色の染料インクを使用した仕上がりは、他社と比べても色鮮やかで鮮明です。

文書印刷がメインのオフィス向けには「ビジネスプリンター」をラインナップ。「エコタンク搭載モデル」を選べば、印刷コストを抑えることも可能です。プリンタ事業を本業とする企業のため、家庭用からプロ用まで、幅広い用途に対応しているのが特徴です。

エプソンの複合機・コピー機一覧はこちら

2-2.キヤノン

「PIXUS(ピクサス)」で知られるメーカーのキヤノンは、写真印刷も文書印刷も得意なオールマイティタイプ。国内でも高いシェア率を獲得しており、機能・価格・スピードのどれを取ってもバランスが取れていることが特徴です。

老舗メーカーならではの使いやすさを重視した設計も売りのひとつで、シンプルでわかりやすいディスプレイや余分なものを省いた機能性もポイント。機械に弱い社員がいるオフィスでもお役立ちするはずです。

キャノンの複合機・コピー機一覧はこちら

2-3.リコー

このメーカーの大きな特徴は、手厚いユーザーサポート機能です。紙詰まりなどのトラブルが起きたときも、誰でも適切に対応できるようにやさしいガイダンス機能が備わっています。トラブルシューティングに費やす時間や労力を大幅に軽減することが可能です。

低コストで導入できる点も高評価で、ダイレクト印刷・両面スキャンといった便利機能が搭載されているにも関わらず、比較的廉価で購入できるのがうれしいポイントです。

リコーの複合機・コピー機一覧はこちら

2-4.ブラザー

「PRIVIO(プリビオ)」シリーズを展開するブラザーは、FAX機能に強みを持ったメーカーです。FAX機で隆盛を誇った社歴から、FAX周りに関する高いノウハウは複合機にも用いられています。

インク価格が割安に設定されており、ランニングコストを抑えられるのが特徴のひとつで、コストパフォーマンス重視ならぜひチェックしておきたいメーカーです。

2-5.富士フイルム(旧富士ゼロックス)

印刷品質に定評があるのがこのメーカー。印刷の美しさを重視するなら第一候補に上がるでしょう。複合機本体の耐久性も高く、サポート体制も充実しているため、安心して長く使えるメーカーのひとつです。

外見はシンプルな複合機が多いものの、カラーLEDプリンターを含めた豊富なラインナップが揃っています。ビジネス用途にうれしい省エネ設計や、高いセキュリティ機能を備えているのも特徴です。

富士フイルム(旧富士ゼロックス)の複合機・コピー機一覧はこちら

2-6.コニカミノルタ

グッドデザイン賞を受賞するほどデザイン性に優れているのがこのメーカー。特殊な印刷設定にも対応する多機能さが魅力で、使いやすさと美しさを両立させるメーカー色を持ちます。

給紙面でのトラブルの少なさに定評があり、紙詰まりなどの問題が起こりづらいのも特徴。機種ごとのサポートページが充実しているなど、手厚いサポートを受けられるのもメリットです。

コニカミノルタの複合機・コピー機一覧はこちら

2-7.シャープ

導入・ランニングコストを抑えられると評判のメーカー。節電モードやLEDを採用しており、環境に対する配慮もなされた機種を開発しています。
MX2640FNは無線LANに対応。A3サイズのFAXも可能です。

どんなオフィスにもマッチするデザインも特性です。

シャープの複合機・コピー機一覧はこちら

3.これで間違いなし!おすすめの選び方

「最大給紙枚数はどの程度で、給紙トレイはどの部分にあるのか」「背面給紙か前面給紙か」「有線LANなどの接続インターフェイスはどのくらい充実しているか」「ネットワーク印刷が可能なスマホ対応モデルか」など。

複合機を選ぶ際にはさまざまな点を考慮して選択する必要があります。特に重視すべきは、用途やサイズ、機能の点です。

3-1.用途

まずは印刷用途です。印刷の美しさが求められる写真が中心か、それとも、大量印刷が必要となる文書が中心かによって選ぶべき複合機は変わってきます。スマホで撮影した画像をそのまま印刷できれば、業務効率化になるということもあるでしょう。メーカーやモデルによって得手不得手がありますので、自分のオフィスではどのような種類のものを印刷することが多いのか、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。

3-2.コンパクトさ

家庭用プリンターのようなサイズから、コンビニに設置されているような大型のものまで、複合機にもさまざまな大きさがあります。いざ置こうとしたら「置くスペースが足りない」「前面給紙のトレイを引き出せる余裕がない」なんてことにならないよう、設置予定のスペースの「幅x高さx奥行き」をしっかり計測しておくことをおすすめします。

3-3.スキャナやFAX機能の有無

複合機にはコピー機能のほか、スキャン機能やFAX機能などが付いていることがあります。しかし、場合によってはこれらの機能をまったく使わないケースもあるでしょう。その場合は、余分な機能を省いたモデルを選ぶことで、コストやトラブルの軽減につながります。

3-4.価格

「価格で選ぶ」というのは、どんなオフィス用品選びでも通用する考え方です。しかし複合機の場合、本体コストだけでなく「インク」「トナー」といった消耗品の交換コストも考慮しなければなりません。本体が安くてもインク代が高ければ、長期的なトータルコストがかさむことも考えられます。

3-5.新品か中古か

あえて中古の複合機を狙うのも手です。信頼性のある業者が販売しているものであれば、クリーニングやメンテナンスがしっかりと行われていることが多く、効率的に初期費用を抑えられるかもしれません。

最適な機種をご提案:コピー機・複合機レンタルプラン

4.「コピホーダイ」なら低価格で複合機をレンタルできる!

「どの複合機を選べばいいのかわからない。けれどもコストは抑えたい…」

それなら、複合機のレンタルサービスを利用してはいかがでしょうか?

「コピホーダイ」では、設置場所や印刷枚数、重視する機能などから最適な一台を提案します。低コスト化を実現し、サポート体制も充実。初期費用を抑えたリース契約に、解約リスクを抑えたレンタル契約と、さまざまな選択肢をご用意しています。

オフィスに合った機種とプランを選ぶことが可能ですので、まずはご相談ください。

レンタルについてはこちら

5.「オフィスでの用途に合わせて複合機を選ぼう!」

印刷する用途や使用頻度、重視する機能によって、選ぶべき複合機は異なります。「絶対にこれがおすすめ!」というモデルはありませんので、オフィスにあった機種をしっかりと選ぶことが業務効率化・コスト削減への道です。

とはいえ、たくさんのメーカーがさまざまなモデルを発売しているので、ベストな一台を選ぶのは至難の技です。そんな時は、初期費用もランニングコストも抑えられるレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

複合機のレンタルサービスを賢く使いこなして、ビジネス円滑化、コストの軽減化を図りましょう。

レンタルについてはこちら

まとめ

【A3対応】複合機(プリンター)を比較!おすすめの選び方をご紹介

  • A3対応の複合機には、インクジェットとレーザーの2種類がある
  • メーカーごとに特徴があるため、最適な複合機選びのヒントになる
  • 具体的な使用イメージを明確にし、使用用途や枚数から選ぶのが鉄則
  • 複合機選びが困難なら、専門スタッフのアドバイスをもとにレンタルするのもおすすめ

お問い合わせからご契約・導入までの流れ

コピーホーダイでは設置場所・機種などご契約内容により異なりますが、最短3営業日でのご納品が可能です。お客様のご要望に合わせてスピーディーで丁寧な対応を心がけております。

  • お問い合わせ

    お電話や、お見積り依頼フォームよりお問い合わせください。お客様のご希望に合わせて電話・メールにてご連絡させていただきます

  • 訪問・お見積りのご提示

    訪問またはオンラインでのお打合せにてお見積りのご提示をさせていただきます

  • ご契約・リース審査

    当社からのご提案・お見積り内容にご納得いただけましたら、正式なご契約となります

  • ご導入

    予め設定させていただいた日時に当社サポートが訪問し、コピー機の設置作業を行います

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

※旧富士ゼロックス

\ 月額3,000円~! 初期費用0円! コピー用紙代込み! /

無料カンタン見積りはこちら

<即日対応>いますぐ月額料金をお見積り

お電話でもOK 0120-175-052

受付時間 9:00~18:00(土日祝日はメールのみ受付)

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
ぴったりのコピー機をシミュレーション