ムラテック (MURATEC)
コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

ムラテック (MURATEC)|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

ムラテック (MURATEC) のコピー機・複合機

ムラテック (MURATEC)の複合機の特徴

ムラテックの複合機(コピー機)は、液晶パネルでの操作ナビなどユーザーの視点でのコピー機の使いやすさを追求しており、複合機が初めての方にも安心です。

印刷速度から探す

ムラテック (MURATEC)
コピー機・複合機の最新機種

フルカラー 20枚機(月間印刷枚数が500~3000枚くらい)

フルカラー 30枚機(月間印刷枚数が3000~6000枚くらい)

モノクロ 20枚機(月間印刷枚数が500~3000枚くらい)

ムラテック (MURATEC)の特徴

ムラテック(村田機械株式会社)は、1973年に日本で初めてファックスを開発した老舗メーカーで、2013年にコニカミノルタと業務提携を行いました。

ムラテック複合機は、大きなタッチパネルが特徴で操作しやすく、急なトラブルの際も、液晶パネル上で操作手順をナビゲートする機能も標準装備されているので、初めて利用される方も安心です。

また、ムラテックは全国に拠点があり、アフターフォローには大変定評があります。購入から保守サービスまで安心してまかせられる点は大きな魅力です。

参考:ムラテックHP
https://www.muratec.jp/ce/business/business.html
https://www.muratec.jp/corp/news/2013/20130201.html

特徴①

MFX-C7360はムラテック(MURATEC)より2020年1月に発売開始されたカラーデジタル複合機です。2016年9月以来のシリーズ刷新となります。従来機よりユーザーインターフェースを改良し、よりオフィスユースに寄り添った使いやすさを実現しています。ムラテック(MURATEC)を象徴するシンプルなモノトーンのデザインは健在です。複合機としての性能だけではなく、スタイリッシュなデザインも高く評価されています。

タブレットライクで使いやすいタッチパネル

搭載されているタッチパネルは10.1インチの大型です。静電式のパネルにより、タブレットと比較しても遜色のないスムーズな操作感を実現しています。操作画面は頻繁に利用される機能を集めた「ベーシックスタイル」と細かな設定ができる「クラシックスタイル」から任意に選択可能です。

Information server 5Xとの連携

「Information server 5X」はペーパーレス化、ドキュメント共有の効率化を助けるソリューションです。受信ファックス文書のデータ化、スキャンしたドキュメントのファイル共有が可能になります。管理画面は見やすくまとめられており、電子化された文書を編集することも可能です。

さまざまなユーザーを意識したユニバーサルデザイン

タッチパネルの角度は26~90度の間で自由に調整可能で、ユーザーの視点や身長に応じて無理のない角度に変更できます。タッチパネルの操作に不慣れな場合は、オプションのキーパッドによるハードキー操作も可能です。拡大の操作などは、スマートフォンの操作方法に準拠しています。

管理・運用をサポートするセキュリティー機能

SSDには暗号化機能付きのモデルが採用されています。常に暗号化が実施されるため、格納されているデータの安全性を維持できます。ICカードによる認証や、バイオメトリクスによる認証もオプション機器により実施可能。セキュリティーが強化されるほか、ユーザーによる使用状況の管理にも役立ちます。

特徴②

ムラテック(MURATEC)の複合機・コピー機の特徴

  • 複合機に触れたがことない人でも問題ないタッチパネルの使いやすさ
  • 紙詰まり・故障の少なさが高評価
  • 他社と比較すると導入コストが低く、コストパフォーマンスが高い

こんな方におすすめ

  • 複合機をはじめて導入する方
  • 長く使える複合機を探している方

特徴③

ムラテック(MURATEC)は国内ではじめてファックスを製造したメーカーです。複写機のメーカーとして長い歴史を持っており、2013年にコニカミノルタ(KONICA MINOLTA)と業務提携契約を締結しました。製品に共通しているのは、「ユーザーの立場を意識した使いやすさ」です。近年は、タッチパネルの操作性やナビゲート機能が高く評価されています。また、拠点数が多く、導入後のアフターフォローが好評なメーカーのひとつです。

ムラテック(MURATEC)|コピー機(複合機)のリースならコピホーダイ!