富士ゼロックス (XEROX)
コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

富士ゼロックス (XEROX)|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

富士ゼロックス(XEROX)の製品紹介

新製品

ApeosPort(アペオスポート)-ⅦDocuCentre(ドキュセンター)-Ⅶシリーズ

C7773/C6673/C5573
C4473/C3373/C2273

富士ゼロックス(XEROX)のコピー機・複合機は、高解像度出力による印刷クオリティの高さに非常に定評があり、デザイナーなどクリエイティブな業種の方にはオススメです。
また高度なセキュリティ・ネットワーク機能のほか、保守メンテナンス実施における、迅速な対応についても高評価を得ています。
今回は、富士ゼロックス(XEROX)のコピー機・複合機について、その特徴や機能をご紹介いたします。

人気の機種ランキング 富士ゼロックス編
【スターティアおすすめ】

富士ゼロックス複合機の圧倒的な美しさの秘訣

富士ゼロックスの複合機は圧倒的な美しさ

圧倒的な美しさ

富士ゼロックス(XEROX)のコピー機・複合機は、フルカラー2400dpiの出力解像度を実現しています。

この高解像度の出力により、文字や線が明瞭に再現されているため印刷品質を重視する会社に重宝されています。

富士ゼロックスの製品紹介ページへ

サポート体制

自社メンテナンスのスターティアは、サポート体制が支持されています!

サポート体制の詳細へ

富士ゼロックス東京から見たスターティア

スターティアさんは、お客様への幅広い提案とワンストップサービスが可能な、豊富な商材とバックグラウンドを持っており、業界トップクラスの営業力を持つ会社だと思います。私たち富士ゼロックス東京株式会社が関わっている、富士ゼロックス機の営業担当の方は、レスポンスの速さや柔軟な対応のみならず、豊富な知識とICTを駆使しており、その営業活動は圧巻です。

また、皆さまのやさしく丁寧な対応のおかげで、密なコミュニケーションをとらせていただいていることには本当に感謝しております。今後も躍進を続けるスターティアさんとビジネスパートナーとして太く長くお付き合いできればと思います。

富士ゼロックス東京株式会社 ご担当者様より

初期費用0円!コピー用紙代込み!の月額料金を今すぐお見積り!

無料カンタン見積りはこちら

お電話でもOK0120-175-052

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

本ページは、コピー機(複合機)を紹介するページであり、当社で取り扱えないメーカーおよび機種も含まれております。予めご了承ください。

型番から探す

富士ゼロックス製複合機 おすすめ最新機種

デジタルフルカラー複合機

~29枚機(1分間に印刷できる枚数が~29枚。小規模向け)

30枚機~39枚機(1分間に印刷できる枚数が30枚~39枚。月間印刷枚数が6000枚~7800枚程度)

40枚機~59枚機(1分間に印刷できる枚数が40枚~59枚。月間印刷枚数が10000枚~11800枚程度)

60枚機~(1分間に印刷できる枚数が60枚以上。月間印刷枚数が12000枚以上のお客様にお勧め)

モノクロ複合機

~29枚機(1分間に印刷できる枚数が29枚以下。小規模向け)

30枚機~39枚機(1分間に印刷できる枚数が30枚~39枚。月間印刷枚数が6000枚~7800枚程度のお客様にお勧め)

40枚機~59枚機(1分間に印刷できる枚数が40枚~59枚。月間印刷枚数が8000枚~11800枚程度のお客様にお勧め)

60枚機~(1分間に印刷できる枚数が60枚以上。月間印刷枚数が12000枚以上のお客様にお勧め)

富士ゼロックスの複合機リースなら オンラインストレージとの連携が可能!

オンラインストレージ セキュアSAMBAと連携

オンラインストレージと連携可能な機種

オンラインストレージと複合機を連携するメリットとは!?

オンラインストレージと複合機連携のメリット

  • 複数拠点からのFAX等をデータとしてクラウド上に保存することでデータ管理が簡単になり業務効率化できる。
  • FAX送付された注文書等もクラウド保存することで外出中の営業マンもアクセスでき、業務短縮・効率化できる。

富士ゼロックス(XEROX)のコピー機・複合機は、「Smart Work Gateway」という新しいコンセプトのもと、さまざまなクラウドサービスと連携しセキュリティを担保しながら、生産性を高める環境を実現します。

必要な情報を安全に外出先で出力する等の社内にとどまらない活用や複数の領収書を複合機の原稿読み取りに並べ一括で電子化する等のデータ化を活用することが生産向上のキーとなります。複合機の機能だけにとどまらないサービスを活用し、業務効率化をするなら富士ゼロックス(XEROX)のコピー機・複合機がおすすめです!

富士ゼロックス(XEROX)のコピー機・複合機の一覧はこちら

富士ゼロックス(XEROX)のコピー機複合機の特徴

富士ゼロックス(XEROX)は日本最大手のコピー機・複合機メーカーのひとつです。米XEROX社の子会社として誕生しました。1962年に富士ゼロックス(XEROX)によって持ち込まれた普通紙複写機が普及したことから、一部では現在でもコピー機の総称として「ゼロックス」という言葉を用いる文化が根付いています。

高く評価されている性能のひとつが、色彩再現能力の高さです。原稿や元のファイルの色味を忠実に再現したコピーを出力します。そのため、カラー印刷を日常的に行う企業や、パンフレット、ポスター、写真などクリエイティブなコピーを行う企業での導入例が目立っています。

また、製品に共通する特徴として挙げられるのが、タッチパネルの大きさです。見やすい画面で機能を選べるほか、フリック入力、ドラッグに対応しているため直観的に操作できます。オプションでカラーパネルを増設すると、さらに利便性が向上します。

富士ゼロックス(XEROX)は、エコロジーの取り組みにも積極的です。コピー機・複合機の機能に応じて通電するパーツを限定することで、消費電力を低減します。最新機種ではスリープ時の消費電力1.5W以下を実現しており、それほどコピーや印刷が多くない現場でも低コストで運用できます。

クリエイティブワークにも十分使用できる性能を有している一方で、本体のサイズは比較的コンパクト。規模が小さいオフィスでも置き場所には困りません。個人事務所や少人数の現場にも広く導入されています。

メリット(強み)

富士ゼロックス(XEROX)製品の強みとして挙げられるのが、強固なセキュリティです。出力した資料からの情報漏えいを防ぐアノテーション、隠し文字、デジタルコードのほか、ハードディスク蓄積データ自体を暗号化することで、コピー機・複合機本体からの情報漏えいを防ぎます。スキャンした文書にもパスワードによる暗号化が実施されるため、外部端末に保存したデータによる情報漏えいリスクも軽減可能です。

連携ソフトである「DocuWorks」を利用すれば、スキャンした文書をそのまま編集できるほか、データの共有もできます。ドキュメント管理全体をこのソフトで完結させているオフィスも少なくないようです。特に、クラウドストレージサービス「Working Folder」との連携で、利用する場所や接続端末を選ばず文書を確認できる点は高く評価されています。

料金について

富士ゼロックス(XEROX)は製品開発の段階で大きなコストを投入しているメーカーです。そのため、販売価格は全メーカーのなかでもとりわけ高めです。また、メーカーの長い歴史から考えても、とりわけブランド力が強く印刷クオリティに自信を持っているメーカーといえます。

国内の代表的なメーカーである「キャノン」「リコー」「シャープ」などの同等のコピー機・複合機と比較すると定価は最も高価ですが、価格に見合う高品質な印刷を実現しています。そのため印刷クオリティを求める会社から高い支持を得ています。

また、富士ゼロックス(XEROX)自身がリユース製品の回収を行っているため、中古市場での流通が少ない点も特徴です。流通の絶対数が少ないことから、中古市場でも高めの価格がつけられています。一般的にも、「印刷クオリティが高い高級メーカー」という認識が浸透しています。

契約・保守について

富士ゼロックス(XEROX)のコピー機・複合機は定価ベースで考えると業界で最も高価格であり、新品を購入する場合は大きなコストが発生します。そのため、初期コストを抑えられるリース契約や、短い期間でも気軽に利用できるレンタル契約での導入が一般的です。製品開発を積極的に行っているメーカーのため、リース契約で最新機種を低コストで導入できるメリットは大きいでしょう。

また、遠隔でコピー機・複合機の状態を常時監視するシステムを導入しているため、保守サービスの対応が迅速です。部品の動きにわずかな不具合を検知しただけで、メンテナンスのスタッフに通知されます。全メーカーのなかでも最も多い拠点を構えているため、地方のオフィスでも安心して利用できるでしょう。

印刷サンプルをお持ちします
富士ゼロックス(XEROX)|コピー機(複合機)のリースならコピホーダイ!
>>