スターティア株式会社は東証一部上場企業です

京セラ (kyocera)の製品紹介

京セラ (kyocera)の複合機の特徴

京セラの複合機(コピー機)は、基本機能を重視しシンプルで使いやすく、パネルも大きく操作性に優れている複合機です。
紙詰まりやトナー交換などその手順を操作パネルに表示されるアニメーションに従って操作するだけで、誰でも簡単に操作することができます。
また、カウンター料金も安く、コストパフォーマンスに優れています。

本ページは、コピー機(複合機)を紹介するページであり、当社で取り扱えないメーカーおよび機種も含まれております。予めご了承ください。

デジタルフルカラー複合機

~29枚機(1分間に印刷できる枚数が~29枚。小規模向け)

30枚機~39枚機(1分間に印刷できる枚数が30枚~39枚。月間印刷枚数が6000枚~7800枚程度)

40枚機~59枚機(1分間に印刷できる枚数が40枚~59枚。月間印刷枚数が10000枚~11800枚程度)

60枚機~(1分間に印刷できる枚数が60枚以上。月間印刷枚数が12000枚以上のお客様にお勧め)

モノクロ複合機

~29枚機(1分間に印刷できる枚数が29枚以下。小規模向け)

30枚機~39枚機(1分間に印刷できる枚数が30枚~39枚。月間印刷枚数が6000枚~7800枚程度のお客様にお勧め)

40枚機~59枚機(1分間に印刷できる枚数が40枚~59枚。月間印刷枚数が8000枚~11800枚程度のお客様にお勧め)

60枚機~(1分間に印刷できる枚数が60枚以上。月間印刷枚数が12000枚以上のお客様にお勧め)

京セラ(kyocera)の特徴

京セラは、複合機(コピー機)の2015年国内出荷台数シェア第7位※1を獲得し、多くのお客様の信頼を得ているメーカーです。

京セラの複合機(コピー機)は、スマートフォンのような操作が可能です。画面をタッチして左右に移動できるスワイプ対応のカラー液晶操作パネルを搭載しており、プレビュー画面ではピンチアウトで拡大、ピンチインで縮小表示ができます。さらに、HyPASアプリアイコンの登録により、個々の業務に合わせてアイコンの種類や表示順序が変更できるため、簡単な操作でカスタマイズができます。

また、京セラの複合機(コピー機)は、紙詰まりやトナー交換などその手順を覚えていなくても操作パネルに表示されるアニメーションに従って操作するだけで、誰でも簡単にスムーズに操作することができます。

京セラの複合機(コピー機)とNAS※2をネットワークで接続すると、スキャンしたデータや受信したFAXを直接保存することができます。保存データは適宜必要な分のみを出力できるため迷惑FAXなどの無駄な出力を抑えることができます。また、VPN環境を構築することで、社外からのデータ閲覧が可能になり、外出中、急な資料確認にも対応できるようになります。

※1 出典:IDC Japan (http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/201603163Apr.html)
※2 NAS…ネットワークに接続して使用するHDD(NASは別売です)

コピホーダイ

京セラ (kyocera)|コピー機(複合機)のリースならコピホーダイ!