一括見積もりサイトの活用法 - コピー機・複合機の選び方

一括見積もりサイトの活用方法をまとめています

> > 一括見積もりサイトの活用法

[東証一部]上場企業:スターティア株式会社

スピード見積もり依頼

コピホーダイ フリーダイヤル:0120150924

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

一括見積もりサイトの活用法

コピー機選びのポイント

01
しっかり確認!企業の体力
02
見ていますか?コピー機のランニングコスト
03
リースとレンタルどちらを選ぶ

04
契約前に必ず確認!
サポート体制

05
一括見積もりサイトの
活用方法


05一括見積もりサイトの活用方法

ポイント05 一括見積もりサイトの活用方法

コピー機を導入する際に、費用を少しでも安価にしようと思う方は多いことと思います。そのような要望に最適なのが、一括見積もりサイトと呼ばれる、複数の業者から、一括で見積もりを取得できるサービスです。
自分が欲しいと思うコピー機のスペックや個人情報を入力すると、複数のコピー機販売取り扱い業者から提案・見積もりが送られてくるという仕組みのWebサイトです。こういったサイトを活用することで、安価なコピー機を導入する上で役立つことは間違いありません。 しかしながら、安価だからこそ注意も必要です。


まず、フォーム入力した後に、業者より連絡があるのですが利用した見積もりサイトによって、提案してくる業者の数にばらつきがあります。 そのため、1社しか見積もりが来ず比較ができなかったり、逆に多くの業者から連絡があり、その対応で比較している暇が無いという状況にもなることもしばしば。
見積もりの比較は、現実的なところであれば、多くても4.5社ほどが比較するのに適している数かと思います。そのあたりを意識した上で見積もりサイトを探し、利用することが必要です。

ポイント05 一括見積もりサイトの活用方法

また、フォームに入力した内容をもとに、コピー機業界に特化したコンシュルジュよりがヒアリングをしてくれるサイトもあります。 ヒアリングした内容をもとに、相談者にマッチすると思われるコピー機取り扱い業者を紹介してくれるため、取り扱い業者と1社1社個別にやり取りする手間を省けるサイトでもあるとも言えます。 ただし、各社のサポート体制や、信用度をしっかり測定するには、やはり各社の偉業担当者としっかり会話することも重要ですので、全てコンシュルジュの判断に任せてしまうのも注意が必要です。


複数の業者から連絡・見積もりがきたあとに注意したいのが、値段のみを見てしまうことです。

一括見積もりサイトでお見積りをした場合、各見積もりのオプションや機能に違いがあることも少なくありません。 単に見積もりに記載している費用のみで比較してしまうと、最低限の機能しかついていないといった事態になり、結局再度見積もりを取得することになるので注意が必要です。 以上に記載したとおり下記を意識すると、一括見積もりサイトをうまく活用することが可能です。 ご参考ください。

・応対する業者の数を多くても4.5社に抑える

・コンシュルジュに相談してみる

・値段だけを見て判断せず、機能もしっかり見る

 
その他よくある質問はこちら   テルコピブログ  

スピード見積もりはこちらから:0120150924

 

◀ 前の記事をよむ
    04 契約前に必ず確認!サポート体制