スターティア株式会社は東証一部上場企業です

内蔵ハードディスクによるデータの共有

お客様ご提案事例

内蔵ハードディスクによるデータの共有

業種
福祉関係
従業員数
15名

導入前の課題、問題点

使用していた複合機の老朽化に伴い、機器の入れ替えを検討していました。
業務上、定型のデータを印刷することが非常に多いので、合わせて社員間のデータの共有を行っていきたいと考えていました。

導入したサービスの詳細

複合機本体に内蔵されているハードディスクの機能を使用。
複合機には、PC並みのデータ記録容量があり、共有のデータフォルダを作成、保存することが出来ます。

導入した効果

日報や看護記録等の記入シートと、普段決まったフォーマットの印刷物を使用しているため、それらを定型で登録し、複合機本体のフォルダ内より、使用したいものを選んで押すだけで、そのままコピーが出来るようになり、とても便利になりました。
いちいちPCの立ち上げをしたり、他の社員と仕様を合わせたり確認する必要もなくなり、効率もアップしました。とても活用しています。

▶ 提案事例一覧はこちら
▶ お客様の声一覧はこちら


コピホーダイ

スターティアが選ばれる理由

スターティアが選ばれる理由

販売台数が多いから安い
コピー用紙代・トナー代が無料
上場企業だから安心
自社メンテナンスだから充実サポート
トータルプロデュースだから便利
内蔵ハードディスクによるデータの共有