プリンターで印刷できない!よくあるコピー機・複合機の故障原因|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

[東証一部]上場企業:スターティア株式会社

スピード見積もり依頼

コピホーダイ フリーダイヤル:0120150924

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

よくあるコピー機・複合機の故障原因

> > よくあるコピー機・複合機の故障原因

プリンターで印刷できない!よくあるコピー機・複合機の故障原因

プリンターで印刷できない!よくあるコピー機・複合機の故障原因

プリンターを使用しているときに、印刷ができない、印刷画像にすじが入っている、紙詰まりがよく起きるなどの現象に悩まされた経験はありませんか。「プリンターが故障した!」と思いがちですが、実はこのような不具合には、自分で対処できるトラブルも多くあります。
そこで、ここではコピー機・複合機でよく起こる故障の原因と対処法をご紹介します。

プリンターで印刷できない・印刷が始まらない

プリンターで印刷できない・印刷が始まらない

故障かな、と思う現象の中でも特に困ってしまうのが、印刷ができない、いくら待っても印刷が始まらないときです。そもそもプリンターが動かないときは故障を疑う前に、まず以下を確認してみましょう。


【1】プリンタードライバーの設定を確認する

印刷するときはパソコンから設定を行いますが、正しい用紙や機種を選択していますか。パソコンからの設定が正しくされていないと、いくら待っても印刷は始まりません。印刷の設定を確認してみましょう。

【2】プリンターのケーブルを確認する

プリンターを使用する際には電源やUSBなどさまざまなケーブルが必要ですが、それらはしっかり接続されていますか。
差し間違えていたり、何かの拍子に抜けてしまったりすることもあります。ケーブルの接続を確認してみましょう。

コピー機・複合機の故障原因と対処法

コピー機・複合機の故障原因と対処法

印刷はできているが、印刷した結果に不具合がある場合は、プリンター本体に何かトラブルが生じている可能性があります。
現象によって、原因や対処法もさまざまです。修理に出す前に自分でトラブルの原因を確認してみましょう。


【1】紙詰まりが頻発する

紙詰まりの原因には、給紙ローラーの汚れや部品の劣化、故障などが考えられます。給紙ローラーの汚れは、プリンタードライバーから給紙ローラーのクリーニングを行うことにより、改善することがあります。
また、印刷に使用している用紙の厚さが、規定されたサイズ以外の場合も紙詰まりの頻度が上がります。特に、薄い紙はプリンター内部でぐちゃぐちゃになってしまい、紙詰まりの解消に時間を取られてしまうことがあるため、薄い紙を使用するときは注意しましょう。
以上のことに気を付けても不具合が直らないときは、部品の劣化や故障の可能性があります。コピー機や複合機の保守をお願いしている会社に修理を依頼してください。

【2】用紙が汚れてしまう

用紙に汚れが付いてしまう原因は、汚れの付き方やプリンターの仕様によって異なります。

用紙に広範囲の汚れが付く場合

レーザープリンターでは、ドラムのクリーニングの不具合などにより、トナーがドラムに残っている可能性があります。この場合は、修理を依頼することが必要です。
インクジェットプリンターでは、使用している用紙の厚さや、インクの量に原因があると考えられます。
使用している用紙の厚さが、規定されたものよりも厚すぎると、用紙と印刷ヘッドが接触してしまい、汚れの原因になります。用紙の厚さはプリンターのメーカーで規定しているサイズ範囲内のものを使用しましょう。また、プリンター本体に薄い紙と厚い紙の給紙を切り換えるレバーが付いている機種では、レバーの切り替え忘れが原因となることもあるため、注意してください。
インクの量が原因の汚れは、プリンタードライバーで指定した用紙と実際にセットしている用紙が異なることで起こります。プリンターは指定された用紙に合わせて使用するインクの量を調節しているため、設定と実際にセットした用紙が異なる場合、インクが溢れてしまうことがあります。このとき、溢れたインクが給紙ローラーに付着し、用紙の汚れにつながります。プリンタードライバーの設定と実際の状態は必ず合わせるようにしましょう。

・印刷した画像に細いすじ状の汚れが付く場合

インクジェットプリンターでは、プリンターのヘッドに原因があることが多いです。プリンタードライバーから、ヘッドのクリーニングを行うと改善することがあるため、試してみるとよいでしょう。改善しない場合は、ヘッドの故障や破損などが考えられるため、修理を依頼してください。
トナーカートリッジやインクカートリッジを使用しているプリンターでは、交換の際に、感光ドラムや印刷ヘッドにダメージを与えてしまったことが原因になる場合があります。こちらも修理が必要です。

おわりに

プリンターにトラブルがあったときに自分でも対処できる方法をご紹介しました。
しかし、素人判断は禁物です。ご紹介した以外にもプリンターの故障と思われる現象や原因は多数存在します。分からない現象が起きたときには、付属の取扱説明書を確認し、無理せずプロの修理に依頼することが大切です。

お客様から支持されるのには理由があります

コピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
プリンターで印刷できない!よくあるコピー機・複合機の故障原因|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!