会社を立ち上げるなら知っておきたい社内インフラ整備について|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

会社を立ち上げるなら知っておきたい社内インフラ整備について|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

会社を立ち上げるなら知っておきたい社内インフラ整備について

この記事のカテゴリ: その他

会社を立ち上げるなら知っておきたい社内インフラ整備について

様々な事業形態において、ITインフラは不可欠なものです。近く会社を立ち上げようとしている方の多くも、業務内容・業務量に応じたITインフラを整備する準備を進めていることと思います。しかし、十分な計画を立てずにITインフラを揃えた場合、莫大な資金が必要になる可能性があります。
そのため今回は、会社を立ち上げるにあたって必要なITインフラ設備とその保守について、留意するべきことをご説明します。

最低限必要なOA・IT機器費用

まずは、各従業員が業務に使用するPCの台数を計算しましょう。近では1人2台のPCを使うことも少なくないため、人数分の1.5倍の台数を想定した方が良いかもしれません。ネットワークを構成するためのスイッチングハブも、オフィスのレイアウトによっては複数台必要になることがあります。

複合機の印刷コスト

また、敷設された時期が古い回線の場合、最近の高速度ネットワークに対応できないことも考えられます。すでに敷設されているLAN回線をそのまま使うことを考えている場合は、LANケーブルの仕様を確認しておきましょう。さらに、プリンターやファクシミリ機器などのインフラも必要となります。プリンター・スキャナー・ファックス機能が一体となった複合機のように、利便性の高い様々な機器があるため、業務に適したOA機器を選びましょう。

目に見えないインフラ整備費用

電力回線およびLAN回線の移動・増設・新設など、目に見えないITインフラの整備も重要です。事前にオフィスレイアウトをきちんと立てておきましょう。
未計画のままでは回線の移動や新設を繰り返し、思わぬ出費が続いてしまう恐れもあります。また、IT関連業務を行う会社ではPCやサーバーの数が非常に多いため、空調機器の更新や増設の必要性も検討してください。

複合機の印刷コスト

さらに、OA・IT機器の購入方法も重要です。準備資金や開業後の資金調達計画を視野に入れ、機器を購入するのか、もしくはリースを利用するのかを決定しましょう。一定額以上の機器を購入した場合、固定資産税の対象になるため、償却費用を考えることも大切です。

サービスの整備

メールやファイル共有などのサービスを整備するためには、ハードウェア・ソフトウェアをすべて自前で用意するオンプレミス方式と、クラウドサービスを利用する方式の2つがあります。

複合機の印刷コスト

【1】オンプレミス方式
オンプレミス方式は、サービス内容を自社に合うようにカスタマイズすることができる点が一番の強みです。
しかし、ファイルサーバーをはじめとする各種サーバーの初期投資費用が非常にかさむうえ、業務拡大に合わせた増設も必要になります。そして、高度なIT知識を持ったメンテナンス要員が必要であることも難点のひとつです。

【2】クラウドサービス方式

クラウドサービス方式は、サービス提供会社が所有しているサーバーを使用するため、ハードウェア初期投資額はゼロす。また、ソフトウェア(ライセンス)費用も人数分だけで済みます。さらにソフトウェアサポート費用もそのライセンス費用に含まれています。しかし、サービス内容を自社用に改変することができないため、自社独自のサービスが必要な場合はオンプレミス方式が向いています。クラウドサービス方式は、データが外部業者のサーバー上に保管され、インターネットを介して送受信されるため、情報漏洩の対策などに関しても十分な確認が必要です。

過去の業績データが無い起業時は、リースが通らないと思っていませんか?

初期費用投資を抑えて最新機種を導入できる為、起業時にはメリットの大きいリース契約ですが、リース契約はリース会社の審査を通ることによって初めて契約が可能になります。
その際リース会社は企業の業績などにより審査の可否を判断するため、まだ業績がない起業時にはリース契約ができないと思われがちです。
しかし、スターティアはこれまで55,000社以上とのお取引実績を持ち、リース会社との信頼関係がありますので、起業時だからリースに通らないということはありません。
また当社の経験では、社歴が長いが業績不振が続いている企業より、設立間もない企業の方がリースが通りやすい場合もあります。
リース審査の通過がご心配なお客様も是非お問い合わせください。

起業時でもリースは通る

おわりに

社内インフラを整備するための留意事項をご紹介しました。社内インフラを整備する際は、自社の業務内容を明確にしたうえで、どのような設備を用意するべきか検討を重ねることが重要です。

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

初期費用0円!コピー用紙代込み!の月額料金を今すぐお見積り!

無料カンタン見積りはこちら

お電話でもOK0120-175-052

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
印刷サンプルをお持ちします
>>