コピー機・複合機のリースの与信が通らない?困ったときの対処法|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

コピー機・複合機のリースの与信が通らない?困ったときの対処法|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

コピー機・複合機のリースの与信が通らない?困ったときの対処法

この記事のカテゴリ: 導入前 その他
コピー機・複合機のリースの与信が通らない?困ったときの対処法

コピー機・複合機の契約の前には、必ずリース会社による審査が行われます。多くの企業は問題なく審査に通過しますが、一方でいくつかの要素から審査で落とされてしまう企業があるのも事実です。こちらでは、コピー機・複合機の与信審査に影響する要素や審査で通過しやすくなる工夫、リース契約が難しい場合のコピー機・複合機の導入方法についてお話しします。

リース契約では与信審査が行われる

コピー機・複合機に適用されるファイナンスリースというタイプのリースは、不動産などで活用されているリース方法です。まず本体(物件など)をリース会社が購入し、顧客に貸与する方式です。顧客は本体価格に金利や手数料などの諸経費を含めた価格をリース期間中に複数回に分けて支払います。この支払金が、リース会社から支払いが求められるリース料金です。

リース会社が最初に本体を購入している関係上、リース契約は途中解約ができません。万が一途中解約することになった場合も、リース契約を満了した場合に相当する金額の支払いが求められます。コピー機・複合機のリース契約においても、その点は例外ではありません。

リース料金の支払い延滞が起きた場合や支払いが不能になった場合の対応はリース会社によって異なりますが、リース会社が全面的にリスクを負ってしまうことは確かです。こうしたリスクを避けるため、リース会社は申込企業の貸し倒れリスクを判断したうえでリース契約の可否を決めています。また、リース料金もリース会社が判断した貸し倒れリスクをベースにして決められます。

こうした背景からリース契約が正式に締結される前には、リース会社による与信審査が行われるケースが一般的です。このため、コピー機・複合機のリース契約は申し込めば必ず利用できるわけではありません。審査の結果によっては契約ができないことも稀にあります。

与信審査に影響する要素

各リース会社はそれぞれ独自の審査基準を設定しており、その内容は公表されていません。また、審査に落選した場合も、その理由を通知することはありません。以下では、与信審査に影響すると考えられている一般的な要素をご紹介します。

実績・会社の継続年数

会社の継続年数やそれに伴う実績は与信審査の代表的な審査基準です。会社の継続年数が長く実績が豊富なほど、貸し倒れリスクが低いとして評価されます。反対に、与信審査で不利になってしまいやすいのがスタートアップの企業です。実績の乏しさから、審査に通りづらくなったり、リース料金が高くなったりしてしまうことがあります。

審査通過の目安と考えられているのが、3年以上の継続年数です。これは、一般的なコピー機・複合機のリース契約期間が最短でも3年以上であることに起因します。この間、黒字経営を継続していた場合は審査が通らないということはほとんどないでしょう。

リース契約は開業時でも大丈夫!
~過去の業績データが無い起業時は、リースが通らないと思っていませんか?~

過去の返済履歴

リース会社は信用情報も参照したうえで審査を行います。具体的には、会社や代表個人の借入れ状況・返済履歴などが評価の対象です。信用情報がクリーンであれば審査に通過する確率が高まりますが、特に個人の信用情報はちょっとしたことで傷つきやすいため注意が必要です。クレジットカードの返済が少し滞っただけでも信用情報に滞納履歴として残り、審査通過を妨げてしまう可能性があります。こうした、滞納の記録は5年間程度残るといわれているため、信用情報が回復するまではリース契約が難しいかもしれません。

代表の年齢

リース会社にもよりますが、審査では代表の年齢が重要視されることがあります。特に、70歳を超える高齢の場合はリースを満期で迎えられる可能性を疑問視し、契約に慎重になるリース会社も少なくありません。また、20代など代表の年齢が若い場合も、実績の乏しさから貸し倒れリスクを警戒されることがあります。代表が若い場合、また高齢の場合は、連帯保証人を立てるよう求めるリース会社もあるようです。

代表の住宅環境

携帯電話が普及した現在は古くなりつつある考え方ですが、固定電話があると連絡がつきやすいというイメージから審査が通りやすくなる傾向があります。また、持ち家がある場合も同様の理由で可決率が高くなる傾向があるようです。

業種

リース会社の主観的な判断によるところが大きいものの、業種そのものの将来性や信頼性が審査に影響することもあります。飲食業界や美容業界の企業は廃業率の高さから審査に通りにくい場合があります。業務上、国家資格が必要な業種は審査において高く評価されます。

与信審査を通過しやすくするための工夫

審査通過につながりやすくなる工夫をいくつかご紹介します。

複数のリース会社に申し込む

リース会社の審査基準は一定ではありません。一方の審査で通過しなくても、他社の審査には通過する可能性があるため、複数のリース会社に申し込むと審査に通過しやすくなります。なお、審査に通過したとしても契約は必須ではないため、仮に複数のリース会社の審査に通ったとしても問題ありません。

会社に関する資料をできるだけ用意する

情報がそろっている企業はリース会社から信頼性があるとして評価されます。代表の経歴、事業計画、取引先の情報、国家資格の有無など明確に提示できる情報があれば率先して資料提供しましょう。

リース契約に必要な書類についてはこちら

リースの与信審査が通らない場合の導入方法

リースの与信審査が通らない場合は、他の導入方法を検討しましょう。リース以外の、コピー機・複合機の導入方法をご紹介します。

割賦

割賦はコピー機・複合機の5年程度の契約期間を通して分割払いする契約形式です。代金を完済したあとは、コピー機・複合機の所有権がリース会社から購入者に移行します。中途解約はできませんが、資金的な余裕があるタイミングでは繰り上げ弁済することができます。

銀行借入れ

銀行から融資を受けられれば、コピー機・複合機を一括購入することもできるでしょう。リースや割賦と異なり、機器の所有権は最初から導入企業が有しています。借入期間を自由に設定できることがメリットです。

銀行借入れと割賦についてはこちら

レンタル

レンタルは数カ月から数年の短い期間、コピー機・複合機を借りる方法です。多くのリース会社がリースサービスを並行して提供しています。リースより短期間のため、審査のハードルが低いことが特徴です。もしくは、審査自体がないケースもあります。

コピー機・複合機のレンタルについてはこちら

中古での購入

あまり市場には出回りませんが、中古のコピー機・複合機を購入することも可能です。新品と比較すると安価に購入できます。ただし、基本的には何世代か古い機種のため、現行機と比較すると性能が大きく劣っているケースがあります。また、中古の場合は保守サービスが付いていないケースも多いため注意が必要です。

将来的なリースに備えて

与信審査の結果はあくまで現時点での企業の評価です。万が一通過しなかったとしても、事業を継続し、実績を重ねていけば将来的にリース契約ができるようになる可能性があります。導入コストを分散できるメリットや契約満了時の入れ替えが容易なことを考えると、やはりリースでコピー機・複合機を導入するのがおすすめです。現時点では、与信審査に通過せずリース契約が難しい場合も、将来的にはリースで導入することを検討しておきましょう。

まとめ

リース契約は5~6年以上と長期の契約になるため、リース会社も慎重にならざるを得ません。そのため、申込企業やリース会社の審査基準によっては、審査に落ちてしまうことがあるのも事実です。審査に通過するためには、評価につながる要素を積み重ね、積極的にアピールすることが大切です。現時点ではリース契約が難しい場合も、着実に実績を積み重ねて将来的にはリースでのコピー機・複合機導入を目指してください。

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

初期費用0円!コピー用紙代込み!の月額料金を今すぐお見積り!

無料カンタン見積りはこちら

お電話でもOK0120-175-052

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
印刷サンプルをお持ちします
>>