複合機の耐用年数は?プリンター・コピー機の寿命について|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!

[東証一部]上場企業:スターティア株式会社

スピード見積もり依頼

コピホーダイ フリーダイヤル:0120150924

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

プリンター・コピー機の寿命について

> > プリンター・コピー機の寿命について

複合機の耐用年数は?プリンター・コピー機の寿命について

プリンターやコピー機、複合機を使用する際に、「製品の寿命はどのくらいなのだろう」と思ったことはありませんか。
家庭用プリンターや複合機を2~3年で買い替える方は多いですが、本来ならもっと長い間使用できたのかもしれません。ビジネス向けのプリンターや複合機も、使用可能な期間を把握してから導入した方が安心です。そこで今回は、プリンターやコピー機、複合機の耐用年数や寿命についてご紹介します。 リサイクルトナーとは?リサイクルトナーのメリット・デメリット

寿命と耐用年数について

リサイクルトナーのメリット

一般的に、プリンターやコピー機、複合機は耐用年数や総印刷枚数、総コピー枚数を寿命の目安としています。ただし、「寿命」という言葉は、一定の期間を過ぎたらすぐに使用できなくなることを連想させるため、メーカーはほとんど用いません。多くは、「耐久性」「継続使用」などの言葉に言い換えています。

耐用年数は、リース契約年数や減価償却などの会計処理において大きな意味を持つ数値です。プリンターやコピー機など事務機の耐用年数は法によって5年と定められています。また、メーカーが部品の交換や修理を行うサポート期間も、製造開始から5年間が一般的です。


寿命の考え方

プリンターや複合機、コピー機の部品は使用すればするほど摩耗し、最終的には部品の機能を果たさなくなります。メーカーが発表している印刷可能枚数は、プリンターやコピー機の寿命を決める重要なポイントです。
しかしプリンターやコピー機には、全く使用しなくても劣化が進む部品がたくさんあります。特に、スポンジやゴムなどは、経年によって大きく劣化しやすい部分です。

そのため、印刷枚数と耐用年数の2つが寿命を決める要素とされており、いずれかの値に達したときが製品の寿命となります。自動車のカタログなどで、「○年間または、○万Kmに達したとき」が保証の上限となっていることと同じ考え方です。

インクジェットプリンター・複合機の寿命

リサイクルトナーのメリット

一般的に、家庭用インクジェットプリンターの総印刷枚数は2万ページ程度です。少ないように思えますが、5年間で2万ページということは月当たり300ページ印刷できるため、家庭用としてはそこまで印刷枚数の限度を意識する必要はないでしょう。

インクジェットプリンターの場合は、印刷ヘッドの寿命も知る必要があります。印刷ヘッドの寿命は、インクの噴射回数によって決まります。例えば、シンプルなWord文書を印刷することよりも、フルカラーの写真印刷の方が噴射ドット数は圧倒的に多いため、寿命は短くなります。そのため、総印刷枚数を「普通紙○○ページ、写真用紙○○ページ」と表記をしているメーカーもあります。


レーザープリンター・複合機・コピー機の寿命

ビジネス用のレーザープリンター・複合機・コピー機では、数10万ページ以上の印刷枚数や5年の耐用年数が寿命として設定されていることが一般的です。しかし、本体の寿命だけではなく、消耗品であるトナーカートリッジなどの寿命にも注意が必要です。
カートリッジの交換にも意外とお金が掛かります。本体の価格よりも消耗品に掛かる出費の方がずっと大きくなってしまうこともあるでしょう。ハイペースで消耗品の交換が予想される場合は、保守契約を含むリース契約を利用した方が良いかもしれません。

おわりに

プリンター・複合機・コピー機の耐用年数は5年が一般的ですが、総印刷枚数は機種によって大幅に異なります。そのため、新機種の導入や機種の入れ替えにおいて寿命を判断する際は、基準として総印刷枚数を優先した方が良いでしょう。寿命を把握した上で、実際の使用状況と使用期間を勘案し、導入機種を決定することをおすすめします。

お客様から支持されるのには理由があります

コピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります

コピー機・複合機はリース契約で、耐用年数の問題を解決!

コピー機・複合機の性能進化は非常に早く、同じ機器を長年使い続けていると性能が古くなり、使い勝手が悪くなることがあります。また、保守・修繕の機会や時間が多くなった場合、業務にも支障をきたします。

コピー機・複合機を頻繁に買い直すことは、コスト面において現実的ではありません。しかし、リース契約であれば契約期間を短く設定し、新たな契約時に新しい機器をリースし直すことが可能です。つまり、一定の周期で最新の機器に入れ替えることが 容易にできます。

スターティアのコピホーダイなら、低価格で安心のサポート体制で、サービスに自信があります。お見積りは無料ですので、ぜひ一度お問合せください。

スピード見積もりはこちらから:0120150924

複合機の耐用年数は?プリンター・コピー機の寿命について|コピー機(複合機)のリース(レンタル)ならコピホーダイ!