コピー機の短期利用はレンタルがお得?リースとレンタルの違い|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

コピー機の短期利用はレンタルがお得?リースとレンタルの違い|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

コピー機の短期利用はレンタルがお得?リースとレンタルの違い

この記事のカテゴリ: 比較

会社の繁忙期だけコピー機を増やすなど、いわゆる短期利用の場合、リース契約よりもレンタルのほうがお得なのでしょうか?こちらではコピー機の短期利用について、どのような契約形態が最もお得なのかご紹介したいと思います。

コピー機を短期利用する場合はレンタルがお得

コピー機の利用が1週間、1カ月、半年以内など短期間を予定している場合、リース契約よりレンタルの方が安い費用で利用することができます(コピホーダイでのレンタル契約は3ヶ月~となります)。リース契約は通常、本体価格やリース料金、保守費用といった費用がかかり、故障時には別途修理費が必要になる契約形態もあるなど、導入時に多くの費用がかかります。

コピー機を短期利用する場合はレンタルがお得一方でレンタルの場合、それらの費用がまったくなく、月々いくら、という形の契約で、それ以外の料金が発生しないものもあります。レンタル契約にすれば、コピー機を会社で購入した場合のような財務・経理面の事務負担がなくなるため、価格面だけでないメリットもでてきます。コピー機を短期レンタルするメリットは、すぐに利用ができ、月額費用もリース契約より安く、事務手続きが簡単に済むといたったことがあげられます。コピー機を使わなくなれば、そのまま返却すればよいのもリース契約にない利点といえるでしょう。

レンタル契約はリースにはない条件で導入できる

コピー機の短期レンタルは、リース契約よりもコストダウンできることがお分かりいただけたでしょうか。それでは次に、リース契約とレンタル契約の契約形態の違いをご紹介します。レンタル契約は、契約内容に置いてもリース契約にはない特徴があります。

  • メリット1.審査がない

    まず、導入に際して審査の必要がありません。長期的な契約を結ぶリースの場合、導入時に必ず審査があります。その審査に通らなければ契約はできません。また、審査をしている間はコピー機が利用できないため、場合によっては長期間待たされることになります。一方レンタルの場合は審査がなく、すぐに導入することができます。目安として最短で2営業日もあれば、自社オフィス内でコピー機を使えるようになります。

  • メリット2.違約金がない

    リース契約には契約期間の縛りがあり、その期間内での中途解約はできない仕組みになっています。契約を解除する場合、違約金が発生し、その金額を支払わなければならない場合もあります。一方レンタル契約はこの違約金の発生がなく、すぐに契約を終了することができます。

  • メリット3.超短期でもOK

    こちらはレンタル会社のサービス内容によりますが、1日からのレンタルを提供する業者もあります。利用したい期間だけコピー機を借りられるので、コスト面の最適化ができます(コピホーダイでのレンタル契約は3ヶ月~となります)。

  • メリット4.すぐに返せる

    事前の見積もりよりも早期に仕事やプロジェクトが完了し、それ以上はコピー機を利用しないとわかった時点でコピー機を返却することができます。借り主の都合で返却日を前倒しできるので、こちらもコスト面で有利になります。

  • メリット5.緊急時のトラブルもすぐに対応

    レンタル会社の中には、コピー機の急なトラブルに対し、すぐに対応できる体制を整えているケースが多くあります。コピー機の管理をレンタル会社がおこなってくれるというだけで安心感がありますし、故障時も代替機を用意してもらうこともできます。

  • メリット6.不要な費用が掛からない

    レンタルはリース契約のように、本体料金が掛かりません。契約内容によりますが、トナー代が0円というレンタル会社も多いので、コストに気を使うことなく利用できます。

  • このように、レンタル契約にはリース契約とは異なる様々な特徴がありますので、内容を踏まえ、検討してみると良いでしょう。

    リース契約と比べ、短期利用はレンタルがお得な理由

    リース契約と比べ、短期利用はレンタルがお得な理由リース契約の場合、商品価格についてはどの会社も機種ごとに料金設定を公表しているわけではなく、問い合わせてみないことにはわかりません。リース料金は広告などで明らかになっていても、メンテナンス費用や保守料金が別途掛かる可能性があります。こういったランニングコストを含めて、トータルでの料金を加えて計算すると、リース料金1日単位の料金がレンタル料金を上回ることがしばしばあります。一定期間を超えるとレンタルよりもリース料金の方が安くなっていきますが、短期利用の場合はほぼレンタルの方が安くなります。

    リースとレンタルは全く違う契約

    リースとレンタルは全く違う契約リース契約とレンタル契約は似て非なるもの、ではなくこの2つは全く違うものと考えてよいと思います。そのため、どちらがお得であるかを断定することは難しく、契約内容や利用期間など、コピー機を実際に利用する際の条件を考えて、どちらがお得なのかを判断した方がよいでしょう。それだけに、金額の安さだけで選んではいけません。

    料金を見る際に検討すべき内容

    リース契約とレンタル契約、どちらかの契約にするか決める際、料金は重要な判断の基準となります。その際以下の内容を総合的に判断し、リースかレンタルか、最終的な結論を出していきます。

    • <本体価格>

      本体価格とはコピー機そのものの価格です。機種の機能性や新旧モデルといった要素が価格設定に関連しています。

    • <リース料金>

      リース料金は分割した金額が月額の支払い費用となります。これは本体料金+諸経費を加算して算出した金額です。リース契約は通常5年から7年となりますが、契約期間内で分割した金利や諸経費がリース料金です。

    • <保守料金>

      コピー機を利用する期間の費用で、いわゆるランニングコストです。コピー枚数などで決まる「カウンター料金」とトナー代やパーツ交換、修理費などの実費単位となる「スポット料金」を選択することになります。カウンター料金またはスポット料金どちらを選ぶかで、保守料金が変わるため、この契約の違いを加味することもコスト削減に必要であると考えることができます。

    このようにリース契約はレンタル契約と違い、いろいろな料金が複合的に合わさって最終的な費用が決まってきます。本体価格が安いからといって旧型のコピー機を選んでしまうと、メンテナンス費用が高くつく可能性があります。また、スポット料金の場合、故障頻度が高くなれば結果として保守費用も高くなってしまいます。リース契約は契約の縛りがあり、損をしているとわかっても契約を途中でやめることができない(やめてしまうとさらに損をする)ため、価格だけで決めるのはリスクが伴うということを認識しておく必要があります。

    ここまでコピー機の短期利用についてご紹介してきました。かかる費用を最小限に抑えるため、ぜひこちらを参考にして導入検討をおこないましょう。

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

初期費用0円!コピー用紙代込み!の月額料金を今すぐお見積り!

無料カンタン見積りはこちら

お電話でもOK0120-175-052

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
印刷サンプルをお持ちします
>>