複合機と印刷機の違いは?特徴や用途から解説|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

複合機と印刷機の違いは?特徴や用途から解説|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

複合機と印刷機の違いは?特徴や用途から解説

この記事のカテゴリ: その他
複合機と印刷機の違いは?特徴や用途から解説

印刷機という機器についてご存知でしょうか。混同されがちですが、複合機とは異なります。こちらでは、複合機と印刷機の違いについてご説明します。

複合機とは

複合機は多くの現場に導入されている一般的な機器です。まず、複合機の定義や構造などの特徴などについておさえておきましょう。

複合機の概要

複合機(コピー機)は、その名のとおり原稿をコピーができる機械です。複写する機械として多くの現場に導入されています。FAX、スキャン、プリンター機能を併せ持つ複合機タイプが一般的です。多くの業者・メーカーは複合機とコピー機をほぼ同一の機械として取り扱っています。

複合機の構造

現在流通している複合機はインクジェット方式とレーザー方式に分けられます。以下では、それぞれの方式について簡単に説明しましょう。

インクジェット方式

インクジェット方式はインクを用紙に直接吹き付けて印刷する方式です。解像度が高く、原稿の再現性に優れています。カラー原稿をコピーすることが多い現場では導入されることが多いタイプです。

レーザー方式

レーザー方式は原稿を読み取り、その内容に応じて内部の感光体にトナーを付着させる方式です。用紙に転写させる際には、ローラーによって圧力がかけられます。ローラーで転写させる際には、用紙に熱が加えられます。色の解像度はインクジェットよりも劣りますが印刷スピードが優れており、テキストの印刷が多い現場に適しているタイプです。

メリット・デメリット

複合機のメリット・デメリットについてご説明します。

メリット

多機能な複合機タイプであれば、1台でさまざまな機器の役割を担うことができます。FAX、プリンター、スキャナーなどを使っている場合は、1台にすることで省スペース化が可能です。また、オフィスへの導入を想定していることからビジネスユースを意識した機能が多く、業務効率の向上が期待できます。

デメリット

複合機はコストが高く、導入の際は高額な費用が求められます。そのため、リースを利用して負担を分散させるのが一般的です。また、機器自体のサイズが大きいため、設置場所が限定されます。

印刷機とは

続いて、印刷機の概要や特徴についてご説明します。

印刷機の概要

印刷機は原稿ごとに「版」を作成し、プレスして印刷する機械です。「プリンター」や「コピー機」とは異なるものとして「印刷機」と呼ばれています。業界によっては、プリンターを使用する際は「出力」、印刷機を使用する際は「印刷」と呼び方を区別しています。原稿から複製を大量に作成する際に適している機械で、輪転機と呼ばれることもあります。

印刷機の構造

印刷機では、まず原稿データに応じてC(シアン)・M(マゼンダ)・Y(イエロー)・K(ブラック)という4色に分けた版を作成します。その後、版をドラムに巻き付け、ローラーでプレスして転写します。

メリット・デメリット

印刷機のメリット・デメリットについてご説明します。

メリット

印刷機は印刷スピードに優れています。そのため、大量の資料作成を行う現場には広く導入されています。

デメリット

印刷機は複写の作成のみに機能が限定されています。複合機のように、FAX、スキャナーの機能を兼ね備えているモデルはありません。また、本体価格が高額になる傾向があります。

複合機・印刷機の違い

複合機・印刷機の違いを詳細に分析してみましょう。

構造の違い

最たる違いはその構造です。印刷機は原稿データから都度、版を作成します。対して、複合機は版を作らず、直接原稿の複製を行います。

生産性の違い

印刷機の印刷は高速であり、モデルによっては1分間100枚の印刷も可能です。一般的な複合機の印刷速度は印刷機の半分以下となっています。

カラー性能の違い

印刷機でひとつの版に付けられるのは一色のみです。そのため、印刷機はカラー印刷に不向きと考えられています。複合機はカラー印刷も問題なくできます。

印刷コストの違い

印刷機の印刷コストは1枚あたり1円以下(0.2円程度)。複合機は1.5~3.0円程度発生します。

複合機・印刷機の比較まとめ

  印刷機 複合機
印刷速度 速い(100枚/分程度) 普通(20~40枚/分)
印刷コスト 低い 普通
サイズ 大きい 省スペース
騒音 大きい 静か
耐久性 高い 普通
機能 単一 充実

複合機・印刷機の用途

複合機・印刷機の用途についてご紹介します。

複合機の用途

一般的なオフィスでの印刷業務であれば、複合機で十分カバーできます。また、カラー印刷が必要な場合は印刷機ではなく複合機を選ぶことになるでしょう。複合タイプのものであれば汎用性が高いため、印刷業務だけではなくFAXの送受信、スキャナーによる資料の電子化などにも対応できます。

印刷機の用途

同じものを大量にする場合は、印刷機が適しています。チラシ、プリント、DMの作成などは印刷機を利用すると効率的です。

両方を使い分ける選択肢

複合機と印刷機では1枚あたりの印刷コストが大きく異なります。そのため、複合機で大量印刷すると印刷機を使用した場合と比較して多額のコストがかかってしまうため注意が必要です。解像度が求められる場合には複合機を、大量印刷する場合には印刷機を使用するなど、使い分けをすることも重要です。

複合機・印刷機を導入する方法

複合機・印刷機を導入する方法としては、リースと中古購入が一般的です。

リース

リースは、事業者が複合機を購入し、契約者に貸与する方式です。費用は契約期間内に分割で支払います。そのため、印刷機・複合機の大きなコストを分散させることができます。

中古購入

印刷機・複合機は中古市場にも多数流通しています。新品よりも低コストで購入できるため、導入の選択肢として一般的です。しかし、製品が劣化している、最新のモデルが手に入らないといったデメリットもあります。

***

業務用の複写機としては複合機が一般的ですが、業務の内容によっては印刷機を導入するという選択肢もあります。業務内容にあわせて適切な選定を行いましょう。コピホーダイではご相談から受け付けています。お客様にぴったりな機器のご提案をいたします。

\ 月額3,000円~! 初期費用0円! コピー用紙代込み! /

無料カンタン見積りはこちら

<即日対応>いますぐ月額料金をお見積り

お電話でもOK 0120-175-052

受付時間 9:00~18:00(土日祝日はメールのみ受付)

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

※旧富士ゼロックス

\ 月額3,000円~! 初期費用0円! コピー用紙代込み! /

無料カンタン見積りはこちら

<即日対応>いますぐ月額料金をお見積り

お電話でもOK 0120-175-052

受付時間 9:00~18:00(土日祝日はメールのみ受付)

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります