スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

ブラザー(brother)のコピー機・複合機

複合機のブランドといえばどのブランドが思い浮かぶでしょうか。今では国内外のメーカーがしのぎを削って競争し、どのメーカーも非常に質の高い製品をリリースしています。今回は、ブラザーの複合機について紹介します。

ブラザー(brother)のコピー機・複合機

「ブラザー」ブランド紹介

ブラザー工業株式会社は1934年に設立された愛知県の名古屋に本社を置く伝統のあるメーカーです。プリンター複合機事業を軸に、その他に家庭用ミシン、産業用機械、カラオケ店舗のシステムなど、多角的に事業を行っています。特に前身のブラザーミシン販売株式会社はミシンの製造販売をおこなっており、国内の市場ではハイブランド製品として認識されています。

ブラザーグループ連結での従業員は約3万7000人で、売上は6000億円を超えるなど日本を代表する優良企業のひとつです。世界の主要マーケットにおいて、ブラザーの名前で複合機事業を展開し、日本国内よりも北米や欧州でのブランド力が高いとされています。オフィス向けの複合機に関しては北米でトップのシェアを誇ります。家庭用複合機、オフィス向け複合機、インクジェットプリンター、レーザープリンターなどの製品ラインナップを展開しています。

ブラザーコピー機・複合機4つの特徴

ブラザー(brother)コピー機・複合機4つの特徴

1.ブラザー複合機の操作性

ブラザーの複合機は直感的に操作ができるようなインターフェイスを採用しています。5.0インチ型のカラーTFTタッチパネルを採用し、誰でも簡単に操作できます。表示もわかりやすいようにグラフィックやアイコンを多く使用してあるので操作画面で迷うこともありません。

2.ブラザー複合機の印刷スピード

シリーズや機種にもよりますが、ブラザーの複合機はモノクロプリントだと1分間に約50枚を印刷することが可能です。2009年モデルの機種が1分間に30枚程度なので、飛躍的に進化していることがわかります。カラープリントの場合、1分間に約31枚の印刷能力で、これも2009年モデルから2倍近くの性能向上になっています。

高速プリントエンジンを搭載し、いつでも大量出力に対応することが可能です。トナーも大容量のものを採用し、交換作業の手間の短縮まで考えて設計されています。この高速のプリント出力は業務効率化のひとつの武器として金融業界などで重宝されています。商談中の見積書や契約書など瞬時に出力しなければいけない書類などブラザーの複合機であれば任せられます。

3.ブラザー複合機のクオリティ

ブラザーの複合機製品でオフィス向けのものはトナーやドライバーに改良が施されており、文字やグラフがくっきり鮮明にプリントできるようになっています。また用紙もザラ紙からツルツルした質感のコート紙に標準対応するなど、広告チラシやメニューなどを気軽にプリントできます。また、設定から画質を選択できるようになっていて、最高画質、高画質、普通、高速プリントをそれぞれの紙質によって使い分けます。光沢紙や普通紙であれば最高画質の設定が推奨されており、インクジェット紙の場合高画質が推奨されています。

社内資料などクオリティをあまり考慮しなくて良いのであれば、高速印刷や普通印刷でも十分な性能を発揮するでしょう。また、プリントヘッドやローラーにほこりや汚れが付着すると性能を落とす可能性があるので、それをメンテナンスする方法もホームページで公開されています。こういったメンテナンスなどを欠かさずに行うと高い印刷クオリティを持続させることができます。。

4.ブラザー複合機のエコロジー

ブラザーの複合機にはエコロジー設計を売りにしている機種が存在します。例えば、コンパクト設計の複合機HL-S7000DNでは3万枚印刷可能な大容量インクカートリッジを取り入れており、できるだけ廃棄物が出ないような工夫がされています。
さらに低電力設計でディープスリープモードを搭載しており、高速機ながら省電力化を実現しています。また、複合機本体の素材にもこだわっておりバイオマスプラスチックを複合機の一部に使用しています。
※バイオマスプラスチックは通常のプラスチックとは違い植物由来成分を含むプラスチック素材なのでエコな素材として注目されています

ブラザーコピー機・複合機の仕様と機能

ブラザー複合機の機能

機能1.セキュリティ

機能1.セキュリティ

ブラザーの複合機にはセキュリティ印刷という機能が搭載されており、機密データをしっかり保護することができます。第三者に参照されたくない文書はパソコンなどの端末から印刷指示を出しても自動的に印刷が始まりません。
指示を出した本人がセキュリティパスワードを設定し、そのパスワードを複合機に入力した時点で印刷がスタートするので印刷物の撮り忘れなどによる情報漏洩を事前に防ぐことができます。

また、ファックス機能のついた複合機にはダイアル制限機能がついています。この機能は利用者にファックス番号を2度入力させることで、ダブルチェックをおこなわせたり、電話帳内の宛先にしかファックスを送れない設定にするなど誤送信を防止する仕組みになっています。オフィス内では機密性の高い社外秘の情報なども扱う機会が多いのでこういった誤送防止機能は情報漏洩の予防にもなり、会社の事業を守ることにつながります。

プリンターの利用に関してはIPアドレスの管理によって利用者を制限することも可能です。ネットワーク上で許可されたパソコンからのみ印刷を行うことができるようになっており、それ以外の端末からはアクセスできません。または、任意のパソコンからのアクセスのみを拒否するような設定も可能です。印刷情報などの情報漏洩を防ぎ、不正利用を減らすことができます。部署毎に複合機を管理したい場合や、複合オフィスビル内の1室で管理する際などには重宝される機能です。

機能2.ネットワーク

ブラザーの複合機は無線LAN接続に対応しスマートなオフィス環境の構築を手助けします。無線LANで端末との接続を許可することで離れた場所からでも端末からアクセスでき、オフィススペースを有効活用できます。また、ネットワークを介してスキャンしたデータのPDFでの共有や、ファックスの送信、受信物のパソコンでの確認、プリンターの共有などが可能になりました。
さらに、IPv6という新しいプロトコルにも対応していてMacでの利用も簡単になりました。ビジネスの世界でもMacOSのコンピューターを愛用するビジネスパーソンが増えてきましたが、ブラザーのプリンターもMacOS Xの簡易ネットワーク設定機能に対応し、簡単に複合機を接続できるようになりました。

その他の特徴

ブラザーの複合機はクラウドやモバイルといった次世代のソリューションに対応した機能を搭載しています。ブラザーの複合機を通してスキャン、印刷、送信された文書はクラウド上に保管することができます。そのクラウド上の文書はスマートフォン、パソコン、タブレットなど、どの端末からでも、オフィス内、外出先など場所を選ばずアクセスすることができます。Google DriveやDropbox、Evernote、OneDriveなどビジネスにおいて定番のソフトウェアとも連携して利用することができます。

まとめ

ブラザー複合機は優秀で信頼のおける国内ブランドです。特にオフィス向けの複合機には力を入れており、様々な機種を展開しています。ネットワークの対応やクラウドサービスとの連携など新しい機能も積極的に取り入れて、使いやすさを追い求めています。複合機の導入を検討するのであれば、ブラザーは有力な候補のひとつとなるでしょう。

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

コピー機・複合機のリースなら、コピホーダイにお任せ!

コピー機・複合機のリース契約をご検討中でしたら、是非スターティアのコピホーダイにお任せ下さい。スターティアのコピホーダイなら、低価格で安心のサポート体制。リースならコピー用紙代・トナー代込みですので、ランニングコストを抑えたい企業様にもご満足いただける充実したサービス内容です。

スターティアが選ばれる理由 >>

お見積りは無料ですので、ぜひ一度お問合せください。

スピード見積もりはこちらから:0120590030

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります

コピホーダイ