【2020年】コスパ最強のおすすめ人気プリンターと選び方|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

【2020年】コスパ最強のおすすめ人気プリンターと選び方|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

【2020年】コスパ最強のおすすめ人気プリンターと選び方

この記事のカテゴリ: 比較

プリンターを選ぶうえで重視したい要素のひとつがコストパフォーマンスです。こちらでは、プリンターの基本的な選び方と2020年におすすめしたい人気プリンターをご紹介します。

プリンターの選び方

多くのメーカーが多彩なラインナップのプリンター・複合機をリリースしている現在、みなさんはどのような基準で製品を選んでいますか? 実際に作業で使うことになる製品のため、あいまいな基準で選ぶと導入してからストレスを感じてしまうことが考えられます。業務に応じて求められる性能を検討しておきましょう。具体的には以下のような基準でプリンター・複合機を選ぶようおすすめします。

本体サイズ

プリンター・複合機のサイズによってはオフィスのスペースを圧迫してしまうことも考えられます。また、一般家庭に導入する場合はさらにサイズに気を配らなければなりません。そのため、プリンター・複合機の本体サイズは非常に重要な判断基準です。

多くのメーカーはデスクサイズのプリンターをラインナップしています。ただし、そうした省スペースなタイプは性能や機能が最低限になっているケースが大半です。あくまでサイズが重要であり、機能については最低限印刷できれば問題ない場合におすすめです。

スキャナー、FAXなどオフィスユースとして問題がない複合機は、少なくとも人間の腰程度の高さがあります。大きめのオフィスであれば問題ありませんが、一般家庭や小規模なオフィスに導入すると圧迫感を覚えてしまうかもしれません。基本的にサイズは機能の充実度に対応しているといえるため、サイズと機能のどちらを重要視するのか事前に検討しましょう。

プリンター・複合機

あくまでプリントアウトできればよいのか、それともスキャナーやコピー、FAXなどほかの機能も利用したいのか、事前によく検討する必要があります。プリンターは基本的にプリントのみに機能が限定されています。コピー、スキャナー、FAXなどの機能を付帯させたのが、複合機です。

作業のことを考えると単純に多機能な複合機は優秀です。ただし、コストや上述したサイズを考えると、複合機は無条件におすすめとはいえません。業務で使用しない機能が付いた製品を導入すると、コストやスペースの無駄が生じてしまいます。

実際には、資料をスキャンすることによるペーパーレス化、業務効率向上といった恩恵もあるため、最終的なコストやスペースのシミュレーションは複雑です。複合機には一般的なオフィスであれば有用な機能が搭載されていますので、「プリントアウトでしか使う予定がない…」と考えている場合も検討してみることをおすすめします。

印刷速度

印刷速度はその名のとおり連続して紙を出力できる速度です。業界共通で、1分当たりに出力できる枚数を製品性能のひとつとして公開されています。

大量に印刷する現場では、印刷速度が業務効率に大きく影響します。対して、ほとんど印刷の機会がなく、あくまで補助的にプリンターを利用したい場合には印刷速度が問題になることはないでしょう。想定している月間印刷枚数に応じて判断します。

このほか、ウォームアップタイムやファーストコピータイムといった要素にも注目しましょう。これらも、印刷完了までの時間に大きく関わる要素です。複数人が断続的にプリンター・複合機を利用する環境では、とりわけこれらをよく検討する必要があります。

接続方式

プリンターは単体では機能せず、出力するためにはパソコンと接続してデータを受信する必要があります。かつては有線での接続しか選択肢がありませんでしたが、現在は無線接続も可能です。接続方式はプリンターの利便性に大きく影響するため、注目しましょう。代表的な接続方式をご紹介します。

①USBケーブル

現在の有線接続では、USBケーブル方式が最もスタンダードといえます。USBケーブルをそれぞれのポートに接続する方式です。

有線接続ということで、通信は速く安定しています。物理的にケーブルでつなげば完了するというわかりやすさも大きな魅力です。現在は規格のリニューアルにより、以前よりも高速化しています。

一方で、物理的につながなければならないという点から、規模の大きなオフィスでは不便です。一般的なケーブルは最長でも5m程度です。また、下記にご紹介する無線通信で可能なスマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスからの直接の印刷もできません。

②無線LAN

近年は無線接続で印刷できるプリンターも一般的になっています。代表的な規格のひとつが無線LANです。大規模なオフィスで複数人がかわるがわる使いたい場合も、都度ケーブルを接続し直すことなく、印刷できます。また、印刷を実行する際にデスクから離れる必要もありません。

実際に使用するようになるまでには設定が必要です。設定が複雑な場合は設置業者が代行することもありますが、有線と比較すると手間になってしまう点は否定できません。

③有線LAN

LANケーブルで接続可能なプリンターもあります。ルーター経由で複数の端末を接続することも可能です。LANケーブルは一般的にUSBケーブルよりも長く、プリンターから遠いパソコンを接続する方式としても利用できます。

④Bluetooth

キーボードやマウスの接続方式として普及しているBluetoothで接続できるプリンターもあります。ルーターなしでも接続可能なほか、接続設定が比較的簡単です。約10m程度の通信距離のため、やや小規模なオフィス向けといます。

手軽さの一方、あまり大きなデータを送信する方式としては適していません。高精細な画像データなどを送信すると出力まで時間がかかってしまうことがあります。

代表的なメーカーの特徴

以下では、代表的なプリンターメーカーのなかから、富士ゼロックス(XEROX)、キヤノン(CANON)、ブラザー(BROTHER)、リコー(RICHO)をピックアップし、それぞれの特徴についてお話しします。

富士ゼロックス(XEROX)

富士ゼロックス(XEROX)は2社の合併統合により誕生した複写機メーカーです。世界的に評価されている日本の複写機メーカーのなかでも、代表的な一社といえます。業界内ではハイエンドな製品をリリースするメーカーに位置づけられており、ラインナップの更新時には毎回大きな注目が集まります。

あらゆる点で高性能なモデルが多いメーカーですが、そのなかでも特に画質を評価する声は少なくありません。富士ゼロックス(XEROX)開発によるオリジナルのトナー粒子により、業界でもトップクラスの高精細な印刷を実現しました。印刷物の美しさが重視される場合には、真っ先に選択候補となるメーカーです。

長寿命な点もトラブルが多くなりがちなプリンターにおいてはメリットとなります。メーカーによるサポートも手厚く、予期せぬトラブルからも迅速に復旧できるでしょう。印刷業務がオペレーションのなかでも特に重要な場合には富士ゼロックス(XEROX)製品を検討することをおすすめします。

富士ゼロックスのプリンターはこちら ▶XEROX

富士ゼロックス機種

キヤノン(CANON)

キヤノン(CANON)も古くから国内で複写機の開発に着手しているメーカーです。国内で最初にフルカラー複写機をリリースしたのちも、時代に合わせたさまざまな機能を搭載したモデルを開発しています。オフィスユースを素早く反映することに長けているメーカーといえるでしょう。

なかでもコピーの品質が高く評価されています。原稿の裏写りを回避するノイズ除去の技術により、より再現度の高いコピーを実現しました。また、FAXでも文字のみを高精度で読み取り、濃淡がはっきりした資料データを送ることができます。

トナーの耐久性が高いこともキヤノン(CANON)の特徴のひとつ。連続して大量の印刷を行っても、画質が損なわれることはありません。また、低い温度でトナーが溶融するように設定されており、消費電力の低減も実現されています。

キヤノンのプリンターはこちら ▶CANON

キヤノン機種

ブラザー(BROTHER)

ブラザー(BROTHER)は、ミシン製造業者として創業し、1987年に複写機業界に参入しました。コストパフォーマンスに優れる製品を多数ラインナップしています。主に、家庭用、スモールオフィス向けの製品が人気のメーカーです。

多機能なラインナップの層が厚く、希望の機能を搭載した製品が見つかりやすいメーカーです。自動給紙機能搭載プリンターや、電話に対応した複合機など、「かゆいところに手が届く」製品が目立ちます。

ランニングコストも評価する声も少なくありません。インクの価格が他社よりも安く設定されています。一方で、染料インク・顔料インクをバランスよくブレンドするハイブリッドの構成により、高精細な印刷を実現しています。

近年は、タブレットやスマートフォンなどモバイル端末からの印刷機能を強化しているようです。さまざまなクライアントアプリが提供されています。年賀状をモバイル端末だけで作成できるアプリや、インク残量を遠隔で確認できるアプリが便利です。

ブラザーのプリンターはこちら ▶BROTHER

ブラザー機種

リコー(RICOH)

リコー(RICOH)は日本を代表するプリンターメーカーであり、その他、デジタルカメラなどを幅広く手掛けています。

カメラメーカーでもあることから、とりわけ画質に関しては高く評価されているメーカーです。リコー(RICOH)によるオリジナル開発のオイルレストナーは、従来よりも色彩再現領域を約10%拡大した画期的なトナーです。写真印刷やクリエイティブな印刷物の出力で、その性能が発揮されます。

紙詰まりが少ない、トラブルが少ない、長持ちするなど、耐久性に対する評価も安定しているメーカーです。業界内では低価格帯に位置するメーカーのため、コスト対耐用年数で考えると非常に高パフォーマンスなメーカーのひとつといえるでしょう。

リコーのプリンターはこちら ▶RICOH

リコー機種

オススメ人気プリンター

上述した各メーターから特におすすめの人気プリンターをご紹介します。

DocuPrint C4150 d

「DocuPrint C4150 d」は富士ゼロックス(XEROX)の「DocuPrint」シリーズのひとつ。印刷速度はカラー・モノクロともに40枚/分です。ICカードによる認証印刷、機器トラブルを検知するセンサーなどオフィスで便利な機能のほか、画質にも優れる万能モデルです。

DocuPrint C5150 d

「DocuPrint C4150 d」は「DocuPrint」シリーズの1モデルです。基本的な使用は上述した「DocuPrint C4150 d」と同じですが、印刷速度をカラー50枚/分、モノクロ55枚/分まで向上させています。印刷枚数が多い現場でも活用できるモデルです。

DocuPrint 3500 d

「DocuPrint 3500 d」は「DocuPrint」のモノクロ対応ラインのひとつ。印刷速度は38枚/分と控えめですが、その分コンパクトな本体サイズに仕上がっています。Wi-Fi接続にも対応しており、基本的なプリンターとしての性能は申し分ありません。

DocuPrint 4400 d

「DocuPrint 4400 d」もモノクロ対応モデルのひとつであり、上述した「DocuPrint 3500 d」のアップグレードモデルです。印刷速度は45枚/分であり、高速での資料作成が可能です。本体サイズも小型なため、印刷が多い小規模な現場に向いています。

DocuPrint 3200 d

「DocuPrint 3200 d」はモノクロ対応モデルです。印刷速度は、片面32枚/分であり、モノクロしか印刷の予定がなく、想定されている印刷枚数も少ない現場に向いているモデルです。

LBP5910F

「LBP5910F」はキヤノン(CANON)のカラー・モノクロ対応モデルのひとつ。カラー30枚/分、モノクロ32枚/分と印刷速度は低速なため、印刷枚数が少ない環境に向いています。反面、起動は速いため使用していてストレスがないモデルです。

LBP321

「LBP321」はキヤノン(CANON)のモノクロ対応モデルです。43枚/分の高速印刷が可能なため、資料作成が多い現場でも活用できます。

LBP221

「LBP221」はキヤノン(CANON)のモノクロ対応モデルです。印刷速度は33枚/分ですが、A5用紙に関しては52枚/分の高速印刷ができます。

LBP224

「LBP224」はキヤノン(CANON)のモノクロ対応モデルです。標準の印刷速度は38枚/分ですがA5用紙は63枚/分の高速印刷が可能です。病院の受付など、A5用紙の印刷が多い現場では活躍します。

LBP4510

「LBP4510」はキヤノン(CANON)のモノクロ対応モデルです。45枚/分の高速印刷が加納なほか、A3用紙の印刷にも対応しています。

HL-4570CDW

「HL-4570CDW」はブラザー(BROTHER)のカラー・モノクロ対応モデルです。カラー・モノクロの印刷速度はともに28枚/分です。コンパクト、コストも低く、一般家庭や小規模なオフィスには向いているモデルといえます。

MFC-7460DN

「MFC-7460DN」はブラザー(BROTHER)のモノクロ対応モデルです。印刷速度は26枚/分ですが、最大35枚連続コピーできるADF、厚紙でも原稿でも問題ないフラットベッドを搭載しています。

P 6030

「P 6030」はリコー(RICOH)のモノクロ対応モデルです。39枚/分の印刷速度を実現しています。コンパクトなサイズのほか、120万ページの印刷が可能な耐久性の高さが魅力です。

P 6020

「P 6020」は「P 6030」の同一ラインモデルです。印刷速度など基本的な仕様は変わらず、給紙量を増加させています。

P 6010

「P 6010」は「P 6030」「P 6020」と同一ラインモデルです。「P 6030」からカラータッチパネルを排し、コストダウンを実現しています。

***

コストパフォーマンスに優れるモデルをご紹介しました。導入現場に合わせたスペックのモデルを導入すれば活躍してくれるはずです。求められるスペックを検討したうえで適切なモデルを導入してください。

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
>>