複合機(コピー機)は結露に注意。対処法について解説|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

スターティアホールディングス(東証一部3393)グループ

複合機(コピー機)は結露に注意。対処法について解説|コピー機・複合機のリース・レンタルならコピホーダイ!

複合機(コピー機)は結露に注意。対処法について解説

この記事のカテゴリ: その他

※故障や利用方法などのサポートは、当社でコピー機をご契約いただいているお客様が対象です。

複合機(コピー機)は結露に注意。対処法について解説

窓ガラスに水滴が付着する結露。住宅では一般的な現象ですが、複合機にも起こります。結露によって複合機の動作に異常が起きることもあるため、対策が必要です。こちらでは、結露によって複合機に起こる問題や、対策をご紹介します。

複合機に起こる結露

まずは複合機に結露が起きる仕組みや、理由についてお話しします。

結露とは

結露とは、空気中の水分が急激に冷やされ、水滴として現れる現象です。冷たい水が入ったコップや、窓ガラスに起こります。

空気には、目には見えない水分が含まれています。この水分が占める割合を示すのが湿度です。空気が含むことができる水分の量(飽和水蒸気量)は、空気の温度によって決まります。

水分を含んだ空気が冷やされると、同時に飽和水蒸気量も少なくなります。気温の低下により空気中に含むことができなくなった水分は、水滴に変わります。これが、結露が起きる仕組みです。

結露を発生させるのは、温度と水蒸気量のバランスです。例として、冬場の室内は暖房で暖かく、対して室外は気温が低いことから、境目である窓には結露が起きます。冷たい飲みものを入れたコップに水滴が現れるのも同じ理屈です。ガラスは冷えやすい素材のため特に結露が発生しやすくなります。

結露は住宅では一般的なトラブルです。放置すると、カビやダニが発生する原因となります。建材の腐食・サビも誘発するため、対策が必要になるケースも少なくありません。

複合機の結露が起きやすい理由

結露は複合機にも起きやすいトラブルです。これは、スキャン用のガラス面があるためです。冷えやすいガラス面とオフィス内の空気の温度差により、結露が発生するのです。

複合機の結露によって起こるトラブル

結露によって複合機のさまざまなトラブルが引き起こされます。寒い時期、複合機に以下のようなトラブルが起きている場合、結露が原因かもしれません。

印刷トラブル

結露によって、コピー・印刷で出力した紙に異常が起きる可能性があります。普段よりインクが薄い、インクが定着していないといったトラブルが一般的です。

水滴トラブル

結露で発生した水滴は、複合機本体や用紙に付着します。特にガラス面の水滴はコピーに悪影響を与えるため好ましくありません。濡れた用紙はインクがにじみやすいほか、排紙の最中に破れてしまうことも考えられます。

その他

電源が入らない、タッチパネルにエラー表示が出るといったトラブルも代表的です。放置すると、重大な故障が起こり、高額な費用が発生することも考えられます。水は精密機械にとって天敵です。

複合機の結露が起きやすい環境

以下のような環境では複合機の結露が頻発します。複合機に異常が起きている場合は、結露を疑ってみましょう。

冬季の朝

退勤後、暖房を切った部屋に複合機を放置しておくと、朝には冷え切っています。さらに、冬季は冷え込みも厳しくなります。そのため、冬季の朝は、しばらく複合機が使えなくなるケースも少なくありません。

気温が低い地域

結露の発生頻度は地域によっても変わってきます。特に、東北、北海道など気温が低い時期が続く地域では、複合機の結露は珍しくありません。こうした寒い地域ほど暖房の温度を高く設定する傾向があるため、ガラス面と外気との温度差が生まれやすい点も理由のひとつといえます。

窓側

オフィスの窓側は内側に対して外側の気温が下がります。複合機をオフィスの窓側に設置している場合は結露が起きやすいため、注意が必要です。

複合機の結露対策

実際に複合機の結露が起きた場合は、どのように対処すればよいのでしょうか? 改善法や、予防策についてご紹介します。

しばらく放置する

結露が起きた場合は、しばらく放置しておきましょう。複合機の暖気により温度差をなくし、結露の解消を狙います。朝に結露が発生していた場合、電源を入れて放置することで通常は昼頃までに解消します。

主電源を切らない

複合機のモデルによっては、結露を防ぐための暖気モードが搭載されています。特に冬場の時期や気温が低い地域では、主電源を切らず常に暖気モードにしておくことが大切です。節電モードと暖気モードを両立できるモデルもあります。

ストーブではなくエアコンを使う

ストーブは温度変化が急激におきます。そのため、複合機がある環境の暖房器具としてはおすすめできません。ガラス面と外気の間に温度差が生まれ、結露が起きやすくなります。

対して、エアコンは温度変化が緩やかであり、結露が起きにくくなります。このほか、電気ストーブや電気ファンヒーターも結露が起きにくくおすすめです。

***

結露は複合機にとって一般的なトラブルであり、さまざまな問題を引き起こします。一方で、しっかりと対策しておけば回避できるトラブルです。特に気温が低い環境に複合機を設置している場合は、しっかりと対策して結露を防ぎましょう。

※故障や利用方法などのサポートは、当社でコピー機をご契約いただいているお客様が対象です。

お問い合わせからご契約・導入までの流れ

コピーホーダイでは設置場所・機種などご契約内容により異なりますが、最短3営業日でのご納品が可能です。お客様のご要望に合わせてスピーディーで丁寧な対応を心がけております。

  • お問い合わせ

    お電話や、お見積り依頼フォームよりお問い合わせください。お客様のご希望に合わせて電話・メールにてご連絡させていただきます

  • 訪問・お見積りのご提示

    訪問またはオンラインでのお打合せにてお見積りのご提示をさせていただきます

  • ご契約・リース審査

    当社からのご提案・お見積り内容にご納得いただけましたら、正式なご契約となります

  • ご導入

    予め設定させていただいた日時に当社サポートが訪問し、コピー機の設置作業を行います

コピー機・複合機のリースならコピホーダイにお任せ!業界最安値級!コピホーダイは価格で選ばれています。 開発支援パック

スターティアがお勧めする人気商品ラインナップ

※旧富士ゼロックス

お客様から支持されるのには理由があります

お客様から支持されるのには理由がありますコピホーダイのコピー機(複合機)リースは、どこにも負けない《サポート》に自信があります。

地区ごとに専属担当が付くため、お客様との連携が取れやすくアフターフォローも安心していただけます。

故障時はコピー機(複合機)が自動検知し技術員がかけつけ、トナー残量が少なくなった場合も検知されるので、お客様の手間が省けます。

コピー機(複合機)のリースやレンタルはアフターフォローとサポート体制が鍵となります。
お客様にとって安心かつ末永く付き合っていただけるように、サポート体制を充実させ、最高のサービスをご提供させていただきます。

コピー機(複合機)をリースもしくはレンタルで導入いただいた後は私たちにお任せください。

貴社のコピー機(複合機)を全力でサポートします!

お客様から支持されるのには理由があります
ぴったりのコピー機をシミュレーション