コピー機販売業者の見分け方

コピー機販売業者の見分け方をまとめました

> > コピー機販売業者の見分け方

[東証一部]上場企業:スターティア株式会社

スピード見積もり依頼

コピホーダイ フリーダイヤル:0120150924

受付時間 9:00~19:00(土日祝日はメールのみ受付)

コピー機販売業者の見分け方 ~業者が語る5つのマル秘ポイント~

コピー機選びのポイント

01
見積もり金額の
マジックとは
02
コピー機リース
新品と中古機器の違い
03
コピー機リースの保守は
ここを見よ

04
コピー機販売業者の
見分け方

05
コピー機導入後の失敗談

04コピー機販売業者の見分け方

その①任せられる営業マンかどうか

営業マンが複数メーカーの提案をできるか・押し売りをしないかで判断します。
複数メーカーの提案ができる営業マンから話を聞けば、要望に合った機種を選べる可能性が高いです。

その②コピー機以外のこともお願いできるか

販売業者がコピー機だけしか提案できないのか、電話機、ネットワークまで提案できるのかまで見てください。 後々、コピー機のことでもネットワーク側に問題があった場合や他に相談したいことが出来た時に相談先が一本化できます。

コピー機販売業者の見分け方

その③会社自体の信用度

WEBサイトが存在しないような業者は要注意です。事前にWEBで検索して情報を調べましょう。

その④契約内容を事前にきちんと説明してくれるか

説明せず契約を勧めようとする業者がいたら、きちんとわかるように説明してもらいましょう。

その⑤自社メンテナンスができるか

販売だけで保守をしない業者は売りっぱなしになってしまい、その後の対応が疎かになる場合があります。
メンテナンス体制をしっかりと確認しましょう。

コピー機・複合機のリースなら、コピホーダイにお任せ!

コピー機・複合機のリース契約をご検討中でしたら、是非スターティアのコピホーダイにお任せ下さい。スターティアのコピホーダイなら、低価格で安心のサポート体制。リースならコピー用紙代・トナー代込みですので、ランニングコストを抑えたい企業様にもご満足いただける充実したサービス内容です。

スターティアが選ばれる理由 >>

お見積りは無料ですので、ぜひ一度お問合せください。

ご検討中の方もまずはお見積もり:0120150924


◀ 前の記事をよむ
    03 コピー機リースの保守はここを見よ
次の記事をよむ ▶
05 コピー機導入後の失敗談